歯医者・自宅でのホワイトニングの一長一短について

歯医者・自宅でのホワイトニングの一長一短について

 

歯医者のホワイトニング、自宅でのホワイトニング、その一長一短について

ホワイトニングでは、歯医者で行うもの、自宅で行うものがあります。

 

どちらが良いのかそれぞれの一長一短をお伝えしていきます!

オフィスホワイトニング

歯医者で行うホワイトニングのことを、オフィスホワイトニングと言います。歯科医が、専門の薬剤と機材を使って治療を行なっていきます。

 

濃度の高い薬剤を使うので、即効性は高く、その日に効果を実感できるほどの白さになります。

 

ただ濃度の高い薬剤を使うということは、虫歯や知覚過敏、妊婦さんは施術できないです。

 

そこは注意してください。

 

また、歯科医が行うので口内の状況をみてもらうことができ、歯や歯肉に問題がないか、その状態かわかるメリットもあります。

 

そして費用は、6万から7万ほどの高額になります。
1回通えば、効果を実感できますが、持続力はあまりありません。

 

短くて3ヶ月、長くて6ヶ月と比較的短い期間になります。
白さを持続させたい場合は、定期的に通う必要があります。

自宅でのホワイトニングの一長一短

自宅でのホワイトニングは、ホームホワイトニングとホワイトニング歯磨き粉やジェルを使った方法があります。

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、まず歯医者で専用のマウスピースを作ってもらいます。

 

そしてそのマウスピースの中に薬剤を入れてつけることでホワイトニングしていきます。
1日に数時間、2週間ほどつけていきます。

 

オフィスホワイトニングに比べ、効果が出るのに時間がかかります。
また、白さはオフィスホワイトニングより実感できないかもしれません。

 

その分、持続力は高く、6ヶ月から1年持つと言われています。

 

費用は2万から5万円ほど。
オフィスホワイトニングに比べれば安くなりますね。

 

ただ歯科によってマウスピースや薬剤の価格にばらつきがあるので注意が必要です。

 

ホワイトニング歯磨き粉・ジェル

ホワイトニング歯磨き粉やジェルを使った方法は、全て自宅でしていきます。
現在、市販売られているホワイトニング用の歯磨き粉やジェルはたくさんあります。

 

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングと比べると、価格はかなり安く、手軽に始められることがメリットと言えるでしょう。

 

普段の歯磨きに取り入れられるので、負担になることもありません。
ただ、歯を白くする効果ではなく、歯の汚れを落とし、歯の黄ばみを落としていく方法になります。

 

ですから、効果を実感する人もいれば、なかなか実感できない人もいます。

 

効果を出したいのなら、歯磨き粉やジェルの選び方が重要になってくるでしょう。

■自分に合った方法を選ぼう

歯医者で行うホワイトニングも自宅でのホワイトニングもどちらも一長一短です。

 

どちらが自分には合っているのか、効果や持続力、費用などを考慮して選んでいきましょう。

 

また、ホワイトニングをすればそれで終わりというわけではありません。そのあとのケアが持続力を決めていきます。

 

着色しやすいものを食べたり、歯磨きをしなかったりとケアを怠ればそれだけ色戻りしやすくなるのです。

 

しっかりとホワイトニングの知識をつけて、試していくようにしましょう!

 

 

ひとまず近場の歯医者・審美歯科を探してみる

>>日本全国の歯医者さんを検索できる!&口コミなら【口コミ歯科・歯医者】へ

 

※地域によって治療できる範囲が違うので事前に電話で確認をしましょう!

 

専門のオフィスホワイトニングで歯を白く染める!

>>1回の通院で輝く白い歯に!【ホワイトニング東京】

 

歯の着色を除去する!

>>実際に体験したホワイトニング歯磨き剤を比較ランキング!

トップへ戻る