あなたが欲しいのは黄ばみ(着色)の取れた歯?それとも真っ白な歯?

あなたが欲しいのは黄ばみ(着色)の取れた歯?それとも真っ白な歯?

 

あなたが欲しい歯は自然な白さ?それとも真っ白なピカピカの歯?

ホワイトニングをしようと思ったとき、どのような歯の白さを想像しますか?

 

自然な白さでしょうか?
それとも真っ白なピカピカの歯でしょうか?

 

漠然と

 

「とにかく歯を白くしたい!」

 

と思う人が多いですが、その白さにもいろいろあります。
それによってどこまで対策が必要かどうかも違ってきますし、やりすぎるとかえって不自然になることもあります。

 

ここでは、白さについて説明していきますので、ホワイトニングをする前に頭に入れておきましょう!

 

歯の白さには段階がある

歯の色は、段階で分けられています。
歯医者では、シェードガイドという専用の器具を使い、歯の白さを判断します。

 

あなたが欲しいのは黄ばみ(着色)の取れた歯?それとも真っ白な歯?

 

※これはあくまでイメージですがこういった歯の色の見本のことを指します

 

その器具も種類がいろいろありますが、基本的に16段階ほどに分けられています。

 

AからDのアルファベットで色味を、1〜4で色の濃さを表します。
Aがレッド系、Bがイエロー系、Cがグレー系、Dがダーク系になり、数字が大きくなるほど色が濃くなります。

 

この段階を基準にどのくらい白さになったのかがわかります。

 

日本人は、A3・A3.5ほどの色が標準とされ、一般的なホワイトニングではB1・A1ほどの白さを目指すことが多いでしょう。

 

もともとの歯の色が濃い人が白さを目指す場合、何度かホワイトニングする必要があり、時間がかかります。

 

求める白さは人によって違う

白さを決めるとき

 

「憧れのあの人の歯がこういう白さだったから…」

 

と決めるのはあまりおすすめしません。
なぜなら、人によって似合う白さが違うためです。

 

肌や髪の毛などの色は人によって違いますよね。歯の白さの段階が同じでも、これらの要素によって印象はだいぶ変わってきます。

 

求めていた色にしたら、逆に黄色っぽく見えてしまったり、白くなり過ぎてしまったりすることもあります。

 

もちろん歯を白くすると清潔感が出て、表情も明るくなります。
しかし、芸能人の中には真っ白すぎる人もいますよね。

 

人に見られる仕事をしている芸能人ならまだ良いですが、一般人の方は自然な白さの方が良いかもしれません。

 

芸能人の場合は、歯に被せ物をしているか歯を白く染めているかのパターンが多いです。

 

ちなみに、ほとんどの場合は歯の黄ばみ(着色)によって本来の歯の白さを失っている場合が多いです。

 

つまり、その着色汚れを取れば歯を自然に違和感なく白くすることは十分可能です!

 

また、かなり白い人は、上で説明した段階よりさらに上のMという表記の白さがあります。

 

この白さはホワイトニングで出すことは難しく、歯の上にかぶせものをしている可能性が高いです。

 

先程も書きました、歯へのかぶせものをすると本物の歯にある透明感を出せず、人工的な印象になってしまいます。
費用や歯を削るリスクもあるので、試す方は医師としっかり相談しましょう。

 

芸能人のように真っ白な歯も良いですが、自分に合う白さを選ぶのが大切なのです。

 

歯医者さんにいけば、医師がどれほどの色が良いかアドバイスしてくれるでしょう。
歯を白く染めるのでしたら美容歯科などでのオフィスホワイトニングが良いかと思います。

 

ただ、もしも歯のホワイトニングを一度も経験したことがない方でしたら、まずはホワイトニング歯磨き粉やジェルを使うことで、少しずつ白くなっていき、白くなり過ぎないので自然な白さを実現することは可能ですよ!

 

 

>>実際に体験して効果が高いと感じたホワイトニング歯磨き剤ランキング!

トップへ戻る