歯を白くしたその後(黄ばみ・着色を防ぐ)が難しいです…

歯を白くしたその後(黄ばみ・着色を防ぐ)が難しいです…

 

ほんとうに難しいのは歯を白くしたその後(黄ばみを防ぐ重要性)

ホワイトニングをして、念願の白さを手に入れると嬉しいですよね!
しかし、大変なのはこれからなのです。

 

歯を白くしたその後について、黄ばみ(着色汚れ)を防ぐ重要性について話していきます。

 

ホワイトニング後は色戻りする

ホワイトニングは残念ながら永久ではありません。
生活していく中でどうしても色戻りをしてしまうのです。

 

実際にどのくらいで色戻りしてしまうのかは、ホワイトニングの方法によっても変わってきます。ホワイトニング方法別にどのくらいか見ていきましょう。

 

オフィスホワイトニング

美容歯科などで、専用の薬剤と機材を使って行うオフィスホワイトニングは、色戻りが早いと言われています。
ホワイトニングの方法の中でも特に早く戻ってしまいます。

 

具体的には、3ヶ月から6ヶ月ほどです。
なので、定期的にホワイトニングに通うことになるでしょう。

 

ホームホワイトニング

家でマウスピースと薬剤を使って行うホームホワイトニングは、6ヶ月から1年で色戻りすると言われています。
白くするときにオフィスホワイトニングより時間がかかりますが、黄ばむのはその分遅くなります。

 

○デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うデュアルホワイトニングは、1年から2年もつと言われています。

 

両方行うことでより1番効果が高く、キープする期間も長い傾向にあります。
ただその分、高価になるデメリットもあります。

 

ホワイトニング後の黄ばみを防ぐ方法

せっかくホワイトニングしたのにすぐ色戻りしたらショックですよね。そうならないためにも黄ばみを防ぐ方法を覚えておきましょう!

 

まずは、着色しやすいものを避けることです。
カレーやコーヒー、ワインなど着色しやすいものを控えると黄ばみを防ぐことができます。

 

意外と着色しやすい食べ物は多いので、色が濃いものは控えると良いですよ!

 

「でも、その色の濃い食べ物が好きなのに…」

 

という場合でしたら、以下の点を意識するだけでもだいぶ違います。

 

・砂糖の含まれていないキシリトール系ガムを噛む(虫歯対策も兼ねて)
・食べた後は水でうがいをする
・舌で歯を舐めて磨く

 

次に口内の乾燥も着色の原因になります。
口の中が乾燥すると、唾液が分泌されにくくなります。

 

唾液は、口内の汚れを落とす役割もあるんです。
ガムを噛んだり、鼻呼吸をしたり乾燥しないようにしましょう。

 

また、口内が乾燥すると口臭の原因にもなりますので、しっかり対策しておきたいですね。

 

そして、正しい歯磨きを意識するようにしましょう。
着色しやすい食べ物を避けても、食べたくなる時はありますよね。

 

また気づかず食べていることもあります。
それをカバーするには歯磨きをしっかりすることが大切です。

 

正しい歯磨きの仕方はもちろん、ホワイトニング歯磨き粉やジェルを使うのもおすすめです。

 

 

はははのは

オーラパール

プレミアムブラントゥース

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨きジェル。
歯にダメージを与えずにやさしく着色汚れを分解して除去。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

歯と同じ成分『薬用ハイドロキシアパタイト』を配合した歯磨き粉。
殺菌・抗炎症・虫歯や歯周病・歯石予防などトータルケアできる。

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

オーガニック成分が豊富で口内環境を整える(口臭対策にも)ホワイトング歯磨きジェル。
メントールの爽やか系。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

トップへ戻る