黄色い歯が白くならない3つの原因!

黄色い歯が白くならない3つの原因!

 

「しっかり歯磨きをしてるのに黄ばみが白くならないし、なんか悪化してるような…?」

 

黄ばんだ歯を白くするっていうのはなかなか難しいです。
なかでも、とくに厄介な原因は以下の3つです!

 

@.着色しやすい食べ物や飲み物を摂っている
A.歯磨きのタイミングが悪かったり、歯を傷つける磨き方をしている
B.口が乾燥してしまっている

 

歯医者へ行ってホワイトニングをしても、自宅でホワイトニング歯磨き粉を使っても、歯を黄ばませる原因を防がない限り、歯を白くするのは難しいってことです!

 

@.着色しやすい食べ物や飲み物を摂っている

コーヒーや紅茶、緑茶、スポーツドリンク類、ジュース、コーラなどの清涼飲料水…

 

あらゆるものがあなたの歯を黄ばませてきます!

 

【歯を黄ばませる成分】
・コーヒーや紅茶など…カフェイン・褐色色素
・紅茶や緑茶、ウーロン茶…タンニン(渋味)
・コーラなど清涼飲料水…合成着色料

 

あなたは、食後はどうしてますか?
もしもなにもせず放置しているとしたらもったいない話です。

 

食後は水でうがいをしたりガムを噛むだけでも黄ばみ予防になります!

 

さすがに歯に着色しやすい食べ物や飲み物を避けるのは難しいので、摂ったあとにどうするか考えることが大事ですよ(^^*)

 

A.歯磨きのタイミングが悪く、歯を傷つける磨き方をしてる

歯磨きはいつしていますか?
できれば食後にはなるべく磨いたほうが良いです。

 

また、自己流の磨き方をすると磨き残しができてそこが黄ばみやすくなりますし、強い圧で磨くことで歯を傷めてしまいます。

 

歯の表面のキズのすき間から汚れが入ってきて黄ばむこともあるので、正しいブラッシング法で歯を傷めずに新しい黄ばみを作らないように防ぎましょう!

 

 

B.口が乾燥してしまっている

口の中が乾燥していると、唾液の量が減ります。

 

唾液は、洗浄・殺菌・防御・再石灰などあらゆる役割を持っています。

 

乾燥して唾液量が減ってしまうことで、歯を守る力が低下してしまい、黄ばみやすくなってしまいます

 

水分をこまめに摂ったり、口呼吸をしないように注意することが大切です!

黄ばみを白くするためには…?

黄ばみの原因はわかったものの、好きな食べ物や飲み物まで一切やめるっていうのは苦痛ですし、食後に必ず歯磨きができるとは限らないです。

 

すべてを実践するのはなかなか難しいかもしれません…

 

その場合は、ホワイトニング歯磨き剤を使ってみることをオススメします。

 

いまのホワイトニング歯磨き剤はだいぶ進化していて

 

・歯を研磨するのではなく黄ばみを浮かして落とす
・歯をコーティングして白くしてくれる
・白くした歯の着色戻りを防ぐ

 

など歯への負担を抑えてより効率よく歯を白くする成分が豊富です!

 

また、いま使っている歯磨き粉から変えるだけなんで歯医者へ行くより手間がかからずラクだと思いますよ(^^*)

 

はははのは

オーラパール

プレミアムブラントゥース

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨きジェル。
歯にダメージを与えずにやさしく着色汚れを分解して除去。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

歯と同じ成分『薬用ハイドロキシアパタイト』を配合した歯磨き粉。
殺菌・抗炎症・虫歯や歯周病・歯石予防などトータルケアできる。

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

オーガニック成分が豊富で口内環境を整える(口臭対策にも)ホワイトング歯磨きジェル。
メントールの爽やか系。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

トップへ戻る