歯の着色を落とすために大事なこと・NGなこと!

歯の着色を落とすために大事なこと・NGなこと!

 

・歯が全体的に黄色くて笑うとけっこう目立つ
・歯が部分的に黄ばんでいてなんだか不潔な印象
・歯に茶色い汚れが付いているけどどうすれば?

 

歯の黄ばみは病気じゃなく深刻な話じゃないんですが、やっぱり清潔な印象は無いですよね。
できれば、歯医者に行かずに簡単に着色を落とすことができれば…

 

でも、正直なところ、歯にくっついた着色はいくら強く磨いても、今使っている歯磨き粉をたっぷり増やしても意味がないです…

 

ここでは、歯の着色について大事なことと、NGなことについて簡単に書いていきますね。

 

【大事なこと!】

歯の着色(黄ばみ、茶渋)を防ぐ

いくら歯医者や歯磨き粉でホワイトニングしても、食べ物や飲み物、タバコなどですぐに黄色く戻ってしまいます。
歯を白くする前に、まず予防をすることが重要です!

 

食後に水でうがいをする、ガムを噛む、口を乾燥させない(鼻呼吸する)、いろいろと対策はできます。

 

着色しやすい飲食品に気を付ける

コーヒー、紅茶、カレーライス、炭酸飲料、アルコール、酸性食品…
思っている以上に歯の黄ばみを引き起こすものが多いです。

 

これらには、タンニンやカフェイン、着色料、褐色色素など歯を汚す成分がたくさん含まれています!

 

すこしでもそういった着色しやすい飲食品を避けることも大事なことです。

 

歯垢や歯石を防ぐこと

虫歯や歯周病の原因にもなるので、歯垢や歯石を防ぐために正しいブラッシングを意識しましょう!
また、歯垢は歯を黄色く見せてしまうこともあります。

 

食後の歯磨きを習慣にする

食後、唾液に含まれるペリクルというたんぱく質が歯を守るために歯をコーティングするんですが、そのときに一緒に黄ばみ成分も入り込んでしまいます。
それを防ぐために、食後は早めに歯を磨いて黄ばみがくっつくのを防ぎましょう。

【NGなこと!】

汚れを落とすために強く磨く

黄ばみを落とすためについつい力を入れてしまいがちですが、歯を削ってしまいその傷口から余計に着色しやすくなります。
以前よりも悪化するだけなので、やさしいブラッシングを意識しましょう。

 

重曹で歯を磨く

お金がほとんどかからない重曹は、研磨力が高いので黄ばみ落としにオススメ!とい方がいます。
ですが、重曹はアルカリ性が強く、歯や歯茎のタンパク質を必要以上に傷つけてしまいます。

 

そこからまた黄ばみが悪化する恐れがあるので、使うのはオススメしません。

 

いい加減なブラッシング

いい加減なブラッシングで磨き残しがあると、そこから黄ばみが広がって、どんどん取り除きにくくなります。
また、歯垢が溜まって余計に歯が黄色く見えてしまいます。
虫歯や歯周病の原因にもなるので、歯磨きには5分くらいの時間をかけて1本1本磨くことが大事です。

 

歯の着色を効率よく落とすには、日ごろからの対策が大事ってことですね!

 

■正しいブラッシング
■黄ばみの予防
■歯を白くする(ホワイトニング歯磨き粉や歯医者のホワイトニング)

 

この3つを意識することが、白くて強い美しい歯を長く維持する秘訣だと思います!

 

>>歯の着色汚れの種類・原因について!共通する黄ばみ対策

トップへ戻る