歯の着色を自力で除去する方法ってあるの!?

歯の着色を自力で除去する方法ってあるの!?

 

歯の着色をしっかりと除去したい…!

白い歯は、それだけで笑顔をさらに引き立ててくれて相手に清潔でポジティブな印象を与えられます。

 

だからこそ、白い歯を目指していきたいところですが…

 

残念ながら、歯の汚れ・黄ばみ・歯への着色などはイヤでも日々蓄積されてしまうんです。

 

・歯に着色しやすい食べ物や飲み物が数多くあるから
・喫煙するとタバコのヤニ汚れは歯にあっという間にこびりつくから
・炭酸飲料や酸性の強いものなど『着色補助食品』が歯の着色を加速させる
・体質や加齢などによる歯の黄ばみ

 

着色の原因によっては、自力で歯の汚れを除去できないこともあり、早めに歯科医院に相談する方が良い場合もあります。

 

ここでは、歯の着色を自力で除去する方法について、また、歯の着色が生じる理由について解説していきたいと思います。

 

歯が着色する原因って何?
加齢により歯が黄ばむこと

年齢を重ねると、歯が白色から黄色に変色する方が多く目立ちます。

 

これは、歯の表面を覆うエナメル質が加齢により摩耗してしまうことが原因となり、内側の象牙質が透けて見えるためです。

 

歯自体が変色してしまうと自力での着色除去は難しくなる為、別の方法を考えていかないとなりません…

 

ただ、基本的に歯は常にあらゆる汚れが付くので、

 

歯についた着色+歯垢+歯そのものの変色

 

というような複雑な原因もありえます。

 

原因によって治療方法や対策も変わってくるので、あなたに合う治療法がどれか、まずはその方法、種類を知っておくことをおすすめします。

 

>>歯医者・自宅でのホワイトニングの一長一短について

 

コーヒーやお茶の色素による着色

コーヒーやお茶には、歯の表面に色素沈着してしまう成分が含まれていることが多く、日常生活で摂取する上で、歯に着色を生じさせてしまいます。

 

これはステインによる着色なので、歯自体が変色しているわけではないです。

 

その為、きちんと対策をすれば自力で着色を除去することは十分可能です。

 

ステイン着色の原因としては、コーヒーやお茶、赤ワイン、ココア、チョコレート、また、タバコなどが挙げられます。

 

着色する成分はさまざまですが、結局は歯の表面についた着色汚れに過ぎないので、ホワイトニング歯磨き剤を使えば十分除去できます。

 

>>歯の着色除去&予防力UP!?ホワイトニング歯磨き粉の注意点!

 

歯の表面のペリクルの特性を知ろう!

また、歯の表面には、薄い膜である「ペリクル」があります。

 

唾液に含まれるたんぱく質で構成されていて、エナメル質を覆う薄い膜となり刺激から守ってくれたり、酸から歯を守る役割などがあります。

 

ただ、ペリクルは先ほどのステインなど着色汚れを引き寄せる性質も持ち合わせています。

 

ペリクル自体は歯磨きで落とすことが可能なので、正しい歯磨きの仕方を身につけ、1日2回以上の歯磨きを心がけることで着色を防ぎやすくできます。

 

 

歯垢による着色

歯垢も思いの他、歯を着色させてしまう原因となります。

 

 

歯垢は歯の根元に付きやすく、これ自体が黄色く見えるために着色しているように見えてしまうこともあります。

 

しかし、歯垢については毎日の歯磨きを怠ることなく実践していれば、早期に着色の原因除去を行うことができます。

 

■さきほどの動画の正しい歯磨きの仕方
■1日2回以上(1回で5分ほど)の歯磨き
■バス法(歯の根元をしっかりと磨く方法)
■歯間ブラシやデンタルフロスの活用

 

虫歯による歯の着色

虫歯を放置すると、歯は黒色に変色していきます。

 

また、虫歯が進行することで歯の神経を圧迫し、神経が死んでしまうことになる為、歯は自然と茶色っぽく変色していくことになります。

 

放っておいても自然治癒は絶対しないので、早急に歯医者へ予約して治療を行いましょう!

 

歯を失うだけじゃなく歯の神経に激痛が走る、膿が溜まって歯茎がグラグラする、かみ合わせが悪くなり顎関節症になるなどデメリットしかありません。

 

近場の歯医者を探してみる

>>日本全国の歯医者さんを検索できる!&口コミなら【口コミ歯科・歯医者】へ

 

※地域によって治療できる範囲が違うので事前に電話で確認をしましょう!

 

 

歯の着色汚れを効率よく除去するには?

歯の汚れを落とす方法について、自宅でできる方法についてご紹介します。

 

自宅でできるホームケア方法

歯の着色汚れや歯垢の汚れなど歯の表面に付く汚れなら、自宅で自力でも十分除去可能です!

 

一般的には、ドラッグストアなどで市販されている研磨剤入りのホワイトニング歯磨き剤やホワイトニングペン、ステイン除去機能のある電動歯ブラシをイメージするかもしれません。

 

ですが、実際にはホワイトニング歯磨き粉や電動歯ブラシを過信すると、必要以上に汚れを除去してしまい歯を傷つけてしまう為注意が必要です。

 

効率よく歯の汚れを落としたい場合は、研磨剤不使用のものや、ハイドロキシアパタイト(歯のエナメル質とほぼおなじ)配合のホワイトニング歯磨き剤+電動歯ブラシの併用がおすすめです。

 

自宅で行うホワイトニングは、審美歯科などで行うオフィスホワイトニングと違い手軽で金額の負担も少ないので、まずはそこから始めてみると良いでしょう。

 

自宅でホワイトニングをするときに気をつけること

先ほどの方法で、確かに歯の汚れはキレイに除去できますが、力任せに強く磨きすぎると、そのせいで歯が削れてしまい、知覚過敏を起こしてしまう為、注意が必要です!

 

とくに、摩擦数が一気にあがる電動歯ブラシを扱うときは力加減にはとくに気をつけてください。

 

歯の表面が削れてしまうことで、歯のキズのすき間から余計に汚れが付着しやすくなってしまいます…

 

自宅でできない歯の汚れは歯科医院へ

自宅で自力で歯の着色を除去できない場合は、歯科医院を受診し、歯のクリーニングを受けるようにしましょう。

 

歯についた茶渋(お茶などの陶器に付く茶渋のイメージ)はクリーニングでキレイになりますし、歯垢もしっかりと除去してくれます。

 

蓄積された歯の着色汚れは難しいですが、まずは歯をある程度キレイにできるはずです。

 

また、歯のクリーニングは歯石取りと歯の表面磨きが含まれています。

 

歯石を取るだけでも、歯の着色の原因を取り除くことができます。

 

 

ちなみに、芸能人並みの白い歯が欲しい場合は、先ほども触れましたオフィスホワイトニングで歯を白く染めてもらいましょう。

 

ただ、不自然なほど白くなるケースもあるので、それも含めてきちんと歯科の方に相談することをおすすめします。

トップへ戻る