歯の黄ばみをクリーニングで除去できる?

歯の黄ばみをクリーニングで除去できる?

 

歯のクリーニングはあらゆるメリットがある!

最近では、多くの歯科医院で、歯の定期健診の案内を定期的に送付してくれるところが多いです。

 

一度治療やクリーニングを受けると、数ヶ月(4ヶ月〜半年くらいが多い)後に再び定期検診のハガキが届くので、ついクリーニングするのを忘れてしまう…なんてこともありませんね!

 

また、正しく定期健診を受けておけば、早期に問題を発見・治療することができる為、歯のクリーニングは私達に欠かせないものであると言えます。

 

・虫歯や歯周病の進行状態の確認と治療
・歯垢や歯石がどの程度付いているかと除去
・歯の黄ばみの程度や付いている茶渋の除去
・歯肉トラブルなど

 

歯のクリーニングとは何?

歯のクリーニングは、歯科医院で行う歯の表面に付着した汚れや、歯と歯茎の間に溜まる歯垢・歯石を除去する治療です。

 

別名「スケーリング」と言われています。

 

また、更に歯に艶を出したい方には、PMTC(プロフェッショナルティースクリーニング)といったフッ素配合ジェルを用いて、歯の表面に付着した着色や歯垢の他、歯と歯茎の間の歯垢を器具を使用して磨き、キレイに取り除く治療法となります。

 

フッ素は虫歯や歯周病予防に効果的なので、子どもに施術してもらう親もいるほどです。

 

この治療法は、歯の表面を滑らかにすることができる為、汚れが付着しにくいと言われています。

 

歯のクリーニングと併せてPMTCを行うと、歯に艶を出すことができます。

 

クリーニングは歯の黄ばみ対策として効果的?

歯の健康の為に必要不可欠とも言えるクリーニングですが、黄ばみへの効果はどの程度あるかといいますと…

 

あまり期待できないです…

 

なぜかといいますと、スケーリングやPMTCなどのクリーニングはあくまで歯石除去や虫歯対策を狙ったもので、歯の噛み合わせた部分や歯と歯のすき間などすべての着色を落とす所まではいきません。

 

部分的な黄ばみ対策にはなるかもしれませんが、歯が全体的に白くなるような効果までは実感できないと思います。

 

歯のクリーニングの必要性とは

人間、いくらどんなに必死に歯磨きをしても9割ほどしか磨けていないと言われています。

 

また、通常の歯磨きだけだと約6割程度落とせれば良い方です…

 

どうしても日々虫歯や歯周病のリスクは高まっていってしまうので、歯の健康の為にクリーニングは必須とも言えます。

 

■歯の美容(黄ばみや茶渋などの対策)
■歯の治療(虫歯や歯周病、歯肉炎などの対策)

 

この2つは同じように見えて実は役割がかなり違うんですね。

 

特に歯石については、歯垢が石灰化する為、自力で落とすことは難しいです。

 

また、歯石はたくさん穴が空いていることで、さらに汚れや歯垢を付着させてしまい、歯垢が取り除きにくくなるとも言われています。

 

この為、自力で歯のクリーニングを行うことはできない為、歯科医院を受診する必要があるのです。

 

歯のクリーニングがオススメな人!

・歯周病と診断されたことがある方
・虫歯や歯周病を未然に予防したい方
・口の中を清潔にスッキリと保ちたい方

 

歯のクリーニングは、歯科医院を受診する上で、歯周病だと診断された方や、虫歯になったり、歯周病を予防したいという方、そして、歯や歯茎の汚れを落とし、口の中を清潔にスッキリと保ちたい方にオススメです。

 

それ以外にも、歯垢が付着しにくい口の中の環境を維持する為、定期的に歯のクリーニングを行っておくことをオススメします。

 

歯のクリーニング効果は?
・歯周病を改善することができる

歯のクリーニングは、歯垢や歯石を除去するため、歯や歯茎の炎症を抑える働きがあります。

 

・虫歯や歯周病を予防することができる

自力で落とすことができない歯の汚れや細菌をキレイに落とし、虫歯や歯周病のリスクを下げる効果があります。

 

・歯の輝きを取り戻すことができる

歯の表面に付着した汚れを除去することができる為、歯の表面に付きやすい歯垢(歯のザラザラ)を取り除くことで、歯にツヤ・光沢感が出てきます。

 

 

とは言え、あくまで、クリーニングは、その方の持つ本来の歯の色や輝きに戻せるというだけで、さらに白さを追求される方は、

 

・ホワイトニング歯磨き剤
・ホームホワイトニング
・オフィスホワイトニング

 

など、あなた自身に合うケアを見つけましょう!

 

>>歯のホワイトニング方法の種類と一長一短

 

歯のクリーニングにかかる通院回数は?

歯のクリーニングについては、汚れの状態によって通院回数が異なります。

 

上下の歯を別々の日にクリーニングする歯科医院もあれば、1回の治療で全ての歯をクリーニングする歯科医院もあります。

 

定期的に歯のクリーニングを行う際は、一般的には6ヵ月に1回のペースで受診することをオススメします。

 

歯のクリーニング費用は?

歯のクリーニングにかかる費用は、保険適用と保険適用外となることがあります。

 

■保険適用(3割負担)
歯の治療の一環(スケーリングやPMTCなど)

 

■保険適用外(10割負担)
治療以外すべて(薬剤やライト、レーザーなどによるホワイトニング

 

通常の歯のクリーニングであれば保険適用であることが多く、通常1回で2000円〜3000円ほどで済みます。

 

ホワイトニング等の治療の場合は保険適用外となる為、1回で30,000円以内といったところです。

 

ホワイトニングがアバウトな言い方になる理由は、歯医者ごとの金額の違いや何本の歯をホワイトニングするかによって金額が大幅に違ってくるからです。

 

治療費については、歯科医院によって異なる為、保険適用又は保険適用外であれば、およその相場を問い合わせしておくと良いでしょう。

 

 

近場の歯医者を探してみる

>>日本全国の歯医者さんを検索できる!&口コミなら【口コミ歯科・歯医者】へ

 

※地域によって治療できる範囲が違うので事前に電話で確認をしましょう!

 

歯が着色する3つの原因と除去してピカピカ白い歯になる為のポイントについて!

トップへ戻る