歯の健康の為に禁煙が大切!ヤニ取りの方法は?

歯の健康の為に禁煙が大切!ヤニ取りの方法は?

 

歯の健康は禁煙が大切!歯に付着したヤニ取りの方法は

 

よく、身体の健康の為に禁煙が良い!って言われていますが、世間では賛否両論ですよね。

 

正直、身体の健康面に関してはどちらとも言えないかもしれません。
人によってメリット・デメリットに感じる点はさまざまあるようので、一概にタバコ=悪とは言えないのだと思います。

 

【禁煙した方】

「禁煙したら食事が美味しく感じるようになった!」
「禁煙してからお財布にすこし余裕ができた!」
「周りの喫煙者の臭いが気になるようになった」

 

【喫煙している方】

「喫煙したあと集中力が増す」
「ストレスが軽減される」
「コミュニケーションの時間が取れる」
「お酒の後のタバコがうまい!」

 

ただ…歯の健康には確実に悪いです。

 

歯にヤニが付着することで、歯は黄ばんだり、茶色くなるなどします。

 

喫煙者で歯がピカピカと白い方はまずいません。

 

なぜなら、タバコに含まれるタールは粘着性が高いので通常の歯磨きではすべて落としきれずどんどん着色していってしまうからです…

 

しかも、1日1本しか吸わないならまだしも、数本〜数十本と吸えば歯が黄ばむのは避けられないです。

 

その汚れを落とす為には、歯科医院で歯のクリーニングやホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用し、自宅でケアすることが大切です。

 

ここでは、タバコで歯に付着したヤニをきれいに落とす方法についてご紹介したいと思います。

 

タバコのヤニは歯の黄ばみとなるステインの原因となる!

歯の表面にこびりつき、なかなか自力で落とすことができない汚れを「ステイン」と言います。

 

タバコのヤニはステインのひとつとなっています。

 

しかし、タバコのヤニは、コーヒーや赤ワインが原因となるステインよりも落ちにくく、自力で歯をキレイにするのは難しいです。

 

タバコのヤニとなるのは「タール」が主な原因

タバコを吸う方は、昔ほど多いことはなく、現在は禁煙スペースがほとんどで、喫煙スペースは小さな部屋の中に閉じ込められる形で各箇所に喫煙所が設置されるようになりました。

 

その喫煙所の壁がタバコのヤニで茶色く汚れているのを見たことがあると思います。

 

あの汚れがタールとなります。

 

タバコ1本に対し、タールは通常5〜15mgほど含まれています。

 

直接壁に塗りつけているわけでもないのにあれだけ壁が黄色く(もしくは茶色く)なってしまうのは、それだけタバコに含まれるタールの量が多いってことなんでしょうね。

 

禁煙できずタバコを吸い続けると・・・

結局、禁煙できずにタバコを吸い続けた結果、歯は黄ばみ、ヤニだらけとなり、口臭も出てくるようになります。

 

ここまでになると、もう、歯科医院でクリーニングを行う等の処置をしなければなりません。

 

タバコのヤニが原因で歯が黄ばんでしまった場合、歯の表面に付着したステインを除去するため、歯のクリーニングを行う必要があります。

 

>>歯の黄ばみをクリーニングで除去できる?

 

まずは歯のクリーニングを行い、タバコのヤニをキレイに落として歯の状態を確認してみましょう。

 

それでもまだ歯の黄ばみが残るようであれば、歯のホワイトニングを検討されると良いでしょう。

 

歯の茶色のヤニ汚れならクリーニングをするだけでもだいぶ除去できます。

 

ただ…歯の全体的な黄ばみに関しては、別途ホワイトニング歯磨き剤で除去するなど対策が必要です。

 

歯の着色(黄ばみ)を落とすホワイトニング歯磨き剤一覧

>>無添加の歯磨き剤『はははのは』の体験口コミ!
>>研磨剤ナシの『プレミアムブラントゥース』の体験口コミ!
>>歯の修復(再石灰)ができる『オーラパール』の体験口コミ!

 

歯のクリーニングをしたとしても…?

しかし、せっかくキレイになった歯であるにも関わらず、禁煙できずにまたタバコを吸ってしまったら元通りになり、またクリーニングのくり返しです。

 

健康うんぬんの話じゃなく、タバコ代+クリーニング代で費用がバカになりません。

 

歯のクリーニングやホワイトニングを機会に、禁煙に踏み込んでみても良いと思いますよ。

 

歯科医院でクリーニングはどんな内容?

歯のクリーニングは、歯石や歯垢など、歯に付着した汚れをキレイに除去することを言います。

 

スケーラーと呼ばれる器具を使用し、スクラブ入りのペーストを用いて歯をキレイに磨きます。

 

これにより、タバコのヤニがキレイに落ちるのです。

 

仕上げに歯を強化するフッ素塗布を行ってもらうと良いでしょう。

 

歯のクリーニングにかかる費用は?

審美歯科で歯のクリーニングを行う際は、特にタバコのヤニを除去する為に専用のコースが設けられていることもあるため、受診する歯科医院を先に決めておくと良いでしょう。

 

審美歯科の費用は、1回10,000円前後となり、保険適用外となります。

 

特に喫煙者は歯の黄ばみや汚れだけではなく、舌のクリーニングや口臭ケアなども受けることができます。

 

単に歯のクリーニングを行うだけであれば、歯医者で保険適用となる3,000円程の費用で受診することができます。

 

金額は審美歯科のほうが高いですが、歯医者での歯石除去のついでのクリーニングとは違って歯についた汚れは徹底的に掃除してくれます。

 

クオリティは十分に期待できるでしょう。

 

禁煙して歯を美しく保とう!

歯のクリーニングや歯のホワイトニングは、歯をキレイにする手段であり、定期的に行うことが大切です。

 

しかし、タバコを吸う方は、メラニン色素が沈着するため、どうしても歯茎が黒ずむ傾向にあります。

 

また、タバコを吸い続けたり、1日のタバコを吸う本数が多い方は、最終的には歯周病にかかってしまい、タバコのニオイそのものが体臭や口臭となり、周囲の方を不快にさせてしまう可能性もあるのです。

 

 

その為、白い歯を保つためには、まずは禁煙することから始めましょう!

 

>>歯に色素沈着がつきやすい原因と対策!治すためには…

トップへ戻る