妊娠〜産後の歯の黄ばみを正しくケアするには?

妊娠〜産後の歯の黄ばみを正しくケアするには?

 

もしもあなたが妊娠〜出産という大きな試練を経験していたとしたら…

 

歯の黄ばみ、着色について気になったことはありませんか?

 

「毎日歯磨きしているはずなのに歯が黄色くなってく…」
「タバコなんて吸っていないしコーヒーも飲んでいないのに…」

 

なぜ、この大事な期間に歯が黄ばみやすくなってしまうのでしょう?

 

ここでは、妊娠中〜産後の女性の歯が黄ばみやすい原因や理由について解説していきたいと思います。

 

歯の黄ばみの原因は?

産後に歯が黄ばみやすくなってしまう理由は、女性特有のホルモンバランスの乱れ、そして毎日の食生活の乱れが関係していると言われています。

 

産後だけではなく妊娠中も歯が黄ばみやすいと言われていますが、特に妊娠中はホルモンバランスが乱れがちになります。

 

また、空腹になると気持ち悪くなる為につねに口に物を入れてしまう『食べつわり』の影響で歯が着色しやすく、虫歯などになりやすい状態になります。

 

・空腹になるとつわりが強くなる為つねに食べ物や飲み物を飲む(歯に着色汚れが付きやすくなる)
・つわりの影響で満足に歯磨きがしにくくなってしまう(特にえずきやすい奥歯)
・ストレスなどの影響で唾液が少なくなり、口内が酸性に傾きやすくなり虫歯になりやすい環境になる

 

産後も同じくホルモンバランスの乱れなどもあり、歯の黄ばみが起こってしまうのです。

 

歯の黄ばみはすでに妊娠中から進行している

産後に歯の黄ばみが気になり出したという方は、実際はすでに妊娠した時からその傾向にあった可能性が高いです。

 

当たり前かもしれませんが、歯は突然黄ばんでしまうということはあり得ないです。

 

毎日毎日、数ヶ月と長い期間をかけてだんだん着色が付いてしまったり、エナメル質が溶けて中の黄色の象牙質が見えやすくなることで初めて気づきます。

 

その為、妊娠中では気づかなくても産後になってようやく歯の黄ばみや着色汚れに気づくケースが多いです。

 

また、歯の黄ばみだけじゃなく虫歯が進行しやすい環境にもなるので、歯の健康を考えるのでしたら妊娠中からすでに対策を始めておいたほうが良いです。

 

妊娠中や産後のつわりの症状が歯の黄ばみにつながる

妊娠初期は多くの女性がつわりに悩まされます。
しかし、それは産後にも起こるという方もいます。

 

それらは産後のストレスからくる自律神経の乱れであると言われています。

 

産後もつわりのような吐き気に襲われ、憂鬱な毎日を過ごす女性も多くいるのです。

 

その為、もしも産後につわりのような症状が続く場合は、それはストレス過多となっている為、上手にストレス解消を行うことが大切です。

 

産後に歯の黄ばみをケアする方法は?

産後に歯の黄ばみが気になる為、どうすれば白い歯に戻すことができるのか、色々とリサーチしている方も少なくありません。

 

では、産後に歯の黄ばみに気付いた場合はどのようなケア方法を行えば良いのでしょうか?

 

方法はいくつかありますが、産後落ち着いてきてつわりの症状が出ない場合でしたらまずはホワイトニング歯磨き粉(やジェル)が有効です!

 

先ほども書いたとおり、妊娠〜産後は歯の表面に汚れが付く着色汚れが原因である可能性があるので、正しい歯磨きの方法とホワイトニング歯磨き剤で歯の汚れを落としていく方法が効果的です。

 

歯の着色(黄ばみ)を落とすホワイトニング歯磨き剤一覧

>>無添加の歯磨きジェル『はははのは』の体験口コミ!
>>研磨剤ナシの『プレミアムブラントゥース』の体験口コミ!
>>歯の修復(再石灰)ができる『オーラパール』の体験口コミ!

 

正しい歯磨きの仕方

 

正しい歯磨きをできているかできていないかで、その後の歯の環境は天と地ほどの差ができます。

 

自分の歯を生涯大切にしたいのでしたら、いまからでも歯磨きの仕方を見直すことをおすすめします。

 

8020運動(80歳まで20本の自分の歯をもとう!という運動)がありますが、これを実現するためにも歯磨きの仕方は大事ですよ!

 

ちなみに、ホワイトニング専用の歯磨き粉は普通の歯磨き粉と比べると価格も高いですが、歯の黄ばみをキレイに落としてくれる成分を配合している為、産後すぐであっても使用することができます。

 

なにより、自宅でいつもの歯磨き粉を変えるだけだから手軽ですね。

 

手っ取り早く歯を真っ白くピカピカにしたい!

いますぐにでも歯を真っ白にピカピカにしたい場合、最も効果的なのは歯科医院や審美歯科によるオフィスホワイトニングです。

 

>>オフィスホワイトニングって?その特徴と『あるある』なこと!

 

ホワイトニングは保険適用外の治療となる為にかなり高価(1回で2〜5万ほど)ですが、1回だけでもかなり歯が白くなるという方も多いです!

 

歯の着色を除去するのではなく、歯を漂白するので効果はかなり高いです。

 

しかし、ホワイトニングはその名のとおり歯を白く染めることで、薬剤は過酸化水素を使用しているので授乳に影響されると言われています。

 

確定的ではないという意見もありますが、万が一赤ちゃんの健康に害を及ぼすことになってはと思うと、やはり産後すぐ、そして授乳中のホワイトニングはあまりおすすめはできません。

 

オフィスホワイトニングをする場合、せめて産後数ヶ月してから利用するほうが良いでしょう。

 

 

>>歯が汚い(着色など)女性の印象は…

トップへ戻る