歯の黄ばみ・着色は病気のサイン!?

歯の黄ばみ・着色は病気のサイン!?

 

歯の黄ばみ・着色は病気のサイン!?

歯の黄ばみは毎日の食生活やタバコのヤニによるもので、「病気とは関係ない」って思っていませんか?

 

実は、歯が黄色、茶色、黒くなるなど変色している場合、恐ろしい病気が進行しているケースもあります。

 

ここでは、歯の黄ばみが病気のサインとなる可能性について解説していきたいと思います。

 

歯は本当は白いはずなのになぜ黄ばんでしまうの?

歯は、歯周病になっていたり、虫歯を放置していたり、歯の神経が死んでしまっている場合に黄ばむ傾向にあります。

 

自分ではなかなか気付きにくく、鏡を前にして自分自身の口の中を凝視して初めて気付くという方も多いです。

 

特に、乳歯から永久歯に生え変わった後は、その歯を一生使っていくことになる為、毎日のケアはとても大切です。

 

虫歯になると歯は段階的な変色をする

歯の病気と言えば、やはり虫歯です。

 

虫歯は、もとの白い歯を黄ばませ、そして虫歯が進行するにつれ、茶色から黒色へと色を変えていきます。

 

初期に虫歯があったとしても、本人は全く気が付いていない事の方が多いのです。

 

とくに、歯が全体的に黄ばんでいるのではなく、部分的に黄ばんでいる場合は虫歯になっている可能性が高いため、早急に歯医者で診断をもらうことが重要です!

 

また、虫歯が原因で歯が黄ばむ場合は、歯のエナメル部分にまで虫歯が進行している為、歯髄まで虫歯が達してしまっている場合は、見た目にもはっきりと分かる黒色になっています。

 

そこまで虫歯が進行していると痛みも大きく、一刻も早く歯医者で受診をされることをオススメします。

 

虫歯治療後のケアが大切

できてしまった虫歯を適切に治療してもらうことはもちろん、治療後に銀歯を被せたり白い樹脂で詰めてもらった歯も、結果、数年経過するとどうしても劣化や腐食により黄ばみの原因となってしまいます。

 

また、虫歯が完治していないにもかかわらず、被せてしまうと、痛みのない歯髄まで侵食している可能性がある為注意が必要です。

 

まさか!歯の神経がない場合は黄ばみの原因に

私達の歯は、どの歯にも神経があります。

 

神経があるからこそ歯が生きている証拠であり、歯を白く維持し続けられています。

 

しかし、虫歯が進行したり、歯周病の影響により歯の神経が失われてしまうと、歯が茶色くなったり黒くなるなど、変色してしまうことがあります。

 

歯の神経が死んでしまうと、歯髄内で出血を起こし、この血液が黒く変色することで歯の黄ばみの原因のひとつになることもあるのです。

 

また、神経が死んでしまった歯は、歯の内部で神経が腐り、ガスが溜まっていることが多く、歯科医院で正しい治療を行わなければ、顔全体が腫れ上がってしまうといった思わぬトラブルが発生する可能性がある為、注意が必要です。

 

エナメル質形成不全症の場合がある

エナメル質形成不全症とは、歯の表面にあるエナメル質が、先天的にもろくなっている状態を指します。

 

通常、永久歯と前歯と6歳臼歯に見られる確率が高く、見た目にはマットな質感で、すでに歯の色が黄色っぽい色をしています。

 

10人に1人の子供がエナメル質形成不全症であることが分かっています。

 

このエナメル質形成不全のそのものの原因は明らかではありません。

 

しかし、歯が骨の中で発育中の段階で、すでに歯のエナメル質が成熟しないために引き起こされるものであると言われています。

 

実際には、エナメル質形成不全の子供は虫歯になりやすく、歯ももろいといったような口腔内トラブルが高い傾向にあります。

 

その為、普通よりも口腔内を清潔に保ち、虫歯予防に努めることが大切です。

 

エナメル質形成不全であることが分かり、早期発見できれば、適切な治療によりその後の歯の治療方針も見出すことができる為、すこしでも感じるものがありましたら、素人目線で判断せず、かならず専門のプロの目で判断してもらいましょう!

 

 

近場の歯医者・審美歯科を探してみる

>>日本全国の歯医者さんを検索できる!&口コミなら【口コミ歯科・歯医者】へ

 

※地域によって治療できる範囲が違うので事前に電話で確認をしましょう!

トップへ戻る