歯に着色しない・しにくい飲み物ってある?→ ○○がおすすめ!

歯に着色しない・しにくい飲み物ってある?→ ○○がおすすめ!

 

白い歯は永遠の憧れです。

 

でも、私達が普段の生活の中で摂取する飲み物にもステインの原因となる成分が配合されているのだから、一体何を飲めばいいの?

 

などと悩んでしまう方も少なくありません。

 

そこで、ここでは、歯に着色しない飲み物について、また、歯に着色することを防ぐ方法についてご紹介したいと思います。

 

着色汚れであるステインを引き起こす要因は

歯の着色の原因になる食べ物や飲み物については、色のついた食べものであるカレーや、ワインや緑茶、コーヒーや紅茶については色素沈着を起こしやすいと言われています。

 

 

また、ワインに含まれるポリフェノールや、紅茶やコーヒーに含まれるタンニン、緑茶に含まれるカテキンについては、歯の表面に付着し、蓄積することでステインの要因となってしまうのです。

 

 

具体的に、赤ワインやチョコレート、ココア、バナナやりんご、ぶとう、ブルーベリーなどの果実類、お茶、緑黄色野菜など、私達が普段口にする食べ物や飲み物には、歯の着色を引き起こしてしまうものがたくさんあることが分かります。

 

歯に着色しない飲み物って何がある?

歯に着色してしまうことを気にしていては、何を飲めば良いか分からなくなります。

 

そこで、歯に着色しない飲み物を調べてみると、実は「ルイボスティー」が歯の着色汚れを引き起こしにくいということが分かりました。

 

ルイボスティーは冷やしても温めても美味しく低カロリーでかつ、利尿作用もあり、身体を健康体に導いてくれます。

 

 

ルイボスティーにももちろんタンニンが含まれている為、ステインの原因になりますが、紅茶や緑茶などと比べると、タンニンの含有量が格段に少なく、色素沈着を起こしにくいと言えるのです。

 

ルイボスティーは、見た目には濃く見える為、紅茶などよりも色素沈着しそうなのですが、実はそんなに大きく影響することはないのです。

 

ルイボスティーの効能はそれだけではない

ルイボスティーには、SODと呼ばれる、身体の中の毒素を排出する作用のある酵素を配合している為、老廃物を身体の中に溜め込むことはなく、胃腸の働きも良くしてくれることから、自然と痩せやすい身体作りをしてくれるのです。

 

 

また、女性には生理があります。出血量が多い方などは特に、貧血になりやすく、鉄分不足を補う意味でも、ルイボスティーを摂取すると効率的であると言われています。

 

しっかりと鉄分も含まれている為、1日にコップ2〜3杯飲むことで、健康体を維持することができます。

 

そして、それと同時に生理痛を緩和する作用もあります。

ルイボスティーにはSODと云う酵素が配合されていることから、これが生理の辛い痛みを引き起こす要因となっている活性酸素を除去して、身体の細胞の新陳代謝を促進させる効果を発揮してくれるのです。

 

 

まさに!

 

ルイボスティーは、歯のステインの原因ともなり得ず、かつ、生理痛を緩和させ、身体に必要不可欠な鉄分をしっかりと補給でき、身体にとってとても良い飲み物であることが分かりますね。

 

歯に着色しない飲み物を探している方は、一度、ルイボスティーを試してみられてはいかがでしょうか?

 

着色しやすい飲み物を飲んだ後は…

世の中に出ている飲み物はほぼすべて歯が黄ばむ、茶渋が付くなどの原因になってしまいますが、その後の対処をすれば大丈夫です!

 

■唾液を分泌させる
 → ガムを噛む
 → 唾液腺を刺激する
■水でうがいをする
■舌で歯をなめる(唾液分泌の後に)

 

唾液を分泌させる為にはこまめに水分を摂ることが大事ですが、それ以外にも唾液を分泌させるツボを押すことも有効です。

 

『耳下線』・『顎下線』・『舌下線』の3箇所あります。

 

 

また、酸っぱいものを想像すると唾液が出やすくなるでお手軽な方法ですので、歯の着色が気になる方、防ぎたい方はぜひ試してみてください。

 

 

>>歯の黄ばみは塩で磨くと良いの?
>>歯に着色しやすい食べ物・しにくい食べ物について!

トップへ戻る