歯に茶渋がつきやすい人の特徴と取るための対策!

歯に茶渋がつきやすい人の特徴と取るための対策!

 

「なんでこんなに歯に茶渋が付くんだろう…?」

 

毎日の歯磨きは欠かしていないし、ていねいに磨いているのにまったく取れない、むしろどんどんくっつく茶渋…

 

いったい、どうしてこんなに歯につきやすいんでしょうか。

 

実は、歯に茶渋がつきやすい人には特徴があるんです!

 

@.飲食後にまったくなにも対処していない

飲食後こそ、歯に着色汚れ・茶渋がくっつく最大のタイミングです!

 

できれば飲食後は歯磨きをするのが良いんですが、難しいようでしたら水でうがいをする、ガムを噛むなどで対処すると、茶渋の付きやすさが違うと思います。

 

A.歯磨きがいい加減、時間が短い

歯磨きに決まった時間はないんですが、1〜2分程度じゃ歯の汚れはきちんと落としきれません。
茶渋はもちろん、歯の表面のザラザラも取れないと思います。

 

できれば5分〜10分かけて歯の1本1本をていねいに磨くことをオススメします。
あまり圧はかけずに歯ブラシが軽くしなるようなイメージで磨きます。

 

強いブラッシングをすると、歯にキズがついてそのすき間から汚れが入り込んで余計に着色汚れ・茶渋がつくので注意です!

 

B.お菓子や清涼飲料水の摂りすぎ

ついついおいしくてやめられないお菓子やジュースですが、これも歯の茶渋を加速させる原因の一つです。

 

色の濃いもの(着色料)が多くて、歯の脱灰(溶かす)を促進させるので、茶渋もですが歯の全体的な黄ばみも引き起こします。

 

いまはコンビニや外食チェーン店も豊富なのでついついそこで済ましてしまいますが、そのぶん歯にかける負担は大きいです。

 

また、仕事で時間に追われることも多いので、歯をていねいに磨くという習慣もなかなか持てないかもしれません。

 

↑の3つをなかなか実践できず、でも茶渋は取りたい!という方は、ホワイトニング歯磨き剤を試してみてはいかがでしょうか。

 

・歯の着色汚れなどを浮かして落とす
・着色戻りや茶渋が付かないように歯をコーティングして白くする
・歯の再石灰を促すハイドロキシアパタイトが配合されている歯磨き粉もある

 

っていう特徴を持っていて、ふつうの歯磨き粉と使い方はほとんど変わらないので、そこまで手間はかかりません。

 

わたし自身が実際に体験しているものもあるので、良かったら参考にしてみてください。

 

歯の黄ばみや茶渋対策&健康な白い歯を目指せるホワイトニング歯磨き剤!

はははのは

オーラパール

プレミアムブラントゥース

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨きジェル。
歯にダメージを与えずにやさしく着色汚れを分解して除去。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

歯と同じ成分『薬用ハイドロキシアパタイト』を配合した歯磨き粉。
殺菌・抗炎症・虫歯や歯周病・歯石予防などトータルケアできる。

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

オーガニック成分が豊富で口内環境を整える(口臭対策にも)ホワイトング歯磨きジェル。
メントールの爽やか系。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

トップへ戻る