塩で歯を磨くと白くなる?その【真実】と具体的な対策方法!

塩で歯を磨くと白くなる?その【真実】と具体的な対策方法!

 

「塩で歯を磨くと白くなるって聞いたんだけど、これ本当?」

 

これがほんとうならお金もぜんぜんかからないし、身近なものだから準備もラクラクですよね!

 

この情報ですが、実際のところは…半分正解で半分間違いです。

 

正確に書くと、こうなります。

 

×歯を白く染める ⇒ 〇歯についた汚れを落とす

 

歯を白く明るく染め上げるわけじゃなく、歯についた茶渋などの汚れを取って、本来の歯の色に戻すのが本当の効果です。

 

ちなみに、実際のところですが、塩をつけたスポン-ジなどで茶渋がついたマグカップを洗うとたしかに汚れが落ちます。

 

塩が茶渋(タンニン)とくっつくことで汚れが落ちていくわけですね。

 

なので、塩で歯を磨くと目立ちやすい茶渋なら取れる可能性はあります。

 

ただし、塩で歯磨きをすることでリスクもあります。

 

それは…・塩の粒の粗さで研磨剤のように歯や歯茎をキズつける恐れがあるっていう点です!

 

塩は一粒一粒が粗くできているので、磨くことで歯に細かいキズを作ってしまう可能性があります。

 

その傷口にまた歯の着色汚れが入り込んで悪化すると考えると、あまり効果的とは言えないです(^^;)

 

もしも塩で歯を磨くのなら以下を心がけて使ってください。

 

■天然塩を使う(カルシウムが豊富で唾液と組み合わせて再石灰化を促す)
■水でしっかりと溶かして粒感を無くす

 

塩だけだと歯の全体的な黄ばみ除去には役不足?

塩での歯磨きだと茶渋ならともかく、歯の全体的な黄ばみを除去するのはかなり難しいです。

 

長年蓄積されて何層にもなった歯の黄ばみは塩でゴシゴシと研磨したところで焼石に水状態で、除去力はほとんど期待できないでしょう。

 

ガンコにくっついた黄ばみを落とすためには、削って除去するよりも汚れを浮かして落とす洗剤のようなパワーを持つ歯磨き剤がオススメです。

 

個人的には、『オーラパール』っていう歯磨き粉をオススメしたいです。

 

■歯を修復する薬用ハイドロキシアパタイト
■歯の黄ばみを溶かして除去してくれるマクロゴール400
■塩化ナトリウムや塩化リゾチームなどの歯周病予防・殺菌・歯茎の引き締め効果

 

などなど、その1本で歯から歯茎までトータルケアできます。

 

塩を使った優秀な歯磨き粉で、茶渋対策にも歯を白くするのにも役立ちますよ!

 

>>どうしても塩だけで歯磨きがしたい!という方へ

 

オーラパールの体験談!

オーラパール

歯とほぼ同じ成分『薬用ハイドロキシアパタイト』が配合されているホワイトニング歯磨き粉です。
美白成分入り+歯の黄ばみ除去+歯周病対策までできます!キャンペーン中で、割引や送料無料、音波電動歯ブラシももらえます。

価格 容量 おすすめな方

通常価格:1,987円 ⇒ 1,788円(10%OFF&送料無料)

 

定期購入:1,689円(15%OFF)
(送料無料+電動歯ブラシ付)

1本:75g

・塩味の歯磨き粉が平気な方
・凸凹しないツルツルな歯を目指す方
・歯茎の腫れケア、後退を防ぎたい方
・虫歯&歯周病予防までしたい方
・タバコのヤニ汚れが気になる方

 

トップへ戻る