コーヒーで歯の着色汚れが…!その原因と落とす為の3ポイント!

コーヒーで歯の着色汚れが…!その原因と落とす為の3ポイント!

 

「毎日のコーヒーが日課なんですが、歯の色があまり白くありません…」
「最近カフェオレにハマっていて、飲み続けていたら歯が黄ばみだした気がする…」

 

その黄ばみ、気のせいではありません!

 

コーヒーには

 

・『タンニン』
・『カフェイン』
・『褐色色素(焙煎したときに色濃い色素が出てくる)』

 

など着色成分があり、これらが歯を黄ばませる原因になっています。

 

コーヒーだけでこれだけの着色成分があるのですから、毎日コーヒーやカフェオレを飲み続ければイヤでも歯が黄色くなってしまうワケですね(^^;)

 

「カフェインレスのコーヒーを飲めば黄ばまずに済むんじゃ?」

 

と思う方もいるかもしれませんが、残念ながらタンニンやコーヒーの褐色色素によって結局は歯が黄ばんでしまいます。

 

ちなみに、歯を黄ばませる飲み物はそれだけではありません!

 

あなたが口に含んでいる食べ物、飲み物の多くには歯を黄ばませる成分が含まれているんです。

 

■ワイン、緑茶、紅茶、ウーロン茶、コーヒーなどに『タンニン』が含まれている
■ココア、ジャスミン茶、コーラ、緑茶、ほうじ茶、コーヒーなどに『カフェイン』が含まれている
■コーラやポカリなど清涼飲料水には『合成着色料』が含まれている

 

極端ですが、毎日の飲むものを水だけにしない限り、歯はいつも黄ばみ成分にまみれているわけです…

 

コーヒーなどの着色汚れの落とし方!その3ポイントって?

コーヒーを飲んだあとは…

・水でゆすぐ(できれば食後すぐに)
コーヒーを飲んだあと、食後にも水でゆすぐのは黄ばみ予防として効果的です。
・ガムを噛む(10〜20分くらい)
口の中が乾燥すると汚れがくっつきやすくなります。
ガムを噛んで唾液を出すことで、歯の再石灰化(修復)を促してくれます。
・歯磨きをする
時間に余裕があるようなら、歯磨きをするのが一番オススメです!

リンゴ酸を含む食べ物を摂る

リンゴ酸は、歯の黄ばみの除去効果が期待できます!
また、リンゴ酸を含む食べ物の多く(りんご、なし、赤ぶどう、さくらんぼ、いちご、バナナなど…)は繊維が豊富で汚れをからめとってくれます。

 

塩歯磨きをする

まるでコーヒーカップに付く茶渋”のような汚れが歯に付くことがあります。
この茶渋落としには実は塩が効果的!

 

わざわざ歯医者へ行かなくても、茶渋をある程度落とす効果は期待できます。

 

・水でしっかり溶かして粒感を無くす(歯を傷つけない為に)
・天然塩を使う(ミネラルが豊富)

ホワイトニング歯磨き粉やジェルを使うとより効果的!

上で書いた3ポイントでもコーヒーの着色汚れを落とすのに大切なことですが、正直かなり面倒くさいです…

 

それに、長年溜め込んできた黄ばみを除去するには弱いです。

 

コーヒーなどで付いた歯の汚れ(黄ばみ・茶渋など)は、ホワイトニング歯磨き粉やジェルを使ったほうが手っ取り早くてもっと効果的です!

 

ホワイトニング歯磨き粉やジェルを使うことで…?

■黄ばみが再び付くのを防いでくれる
■歯の汚れを浮かして落とすから負担がほとんど無い
■歯の再石灰(修復)を促してより歯を強くしてくれる
■長溜まった黄ばみも茶渋もしっかり除去してくれる
■歯の本来の白さへ導いてくれる

 

もしも、先ほど書いた3ポイントを実践しても満足できないようでしたら、一度試してみてはいかがでしょうか!

 

実際に使ってみて効果を実感できたホワイトニング歯磨き粉やジェル!

はははのは

オーラパール

プレミアムブラントゥース

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨きジェル。
歯にダメージを与えずにやさしく着色汚れを分解して除去。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

歯と同じ成分『薬用ハイドロキシアパタイト』を配合した歯磨き粉。
殺菌・抗炎症・虫歯や歯周病・歯石予防などトータルケアできる。

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

オーガニック成分が豊富で口内環境を整える(口臭対策にも)ホワイトング歯磨きジェル。
メントールの爽やか系。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

トップへ戻る