歯に色素沈着がつきやすい原因と対策!治すためには…

歯に色素沈着がつきやすい原因と対策!治すためには…

 

「タバコを吸っていないのに前歯にヤニ汚れみたいな色素が沈着していく…」
「毎日歯磨きは欠かしていないのに数日もするとどんどん色素沈着が…」

 

きちんと毎日オーラルケアをしているにも関わらず歯がどんどん色素沈着していく…

 

歯の一部にまるで模様のようにくっつく色素沈着…この原因はいったいなんでしょうか?

 

【歯に色素沈着しやすくなる原因】
■単純に色素沈着しやすい食べ物・飲み物、タバコが原因
世の中に出回っているほとんどの製品には歯に着色する成分が含まれています。
・カフェイン(主にコーヒーやエナジードリンク類)
・タンニン(紅茶や緑茶など渋い味のもの)
・タバコのヤニ汚れ
・褐色色素(コーヒーを焙煎したときに出る茶色の色素)
・人工着色料(清涼飲料水のほとんどに含まれている)
・色の濃い調味料(しょうゆやソースなど)

 

■食べたや飲んだあとにそのまま放置している
放置することで、まるで翌日まで放っておいたシャツについたコーヒーのシミのようにガンコになっていきます。

 

■酸性の飲食物をよく摂っている
酸性の飲食品は、歯の表面(ペリクルという唾液の防御膜やエナメル質)を溶かして歯をむき出しにしてしまいます。
そこに汚れがくっつきやすくなります。

 

■歯磨きの仕方や習慣がいい加減になっている
磨き残しで歯に汚れが残りやすかったり、強く磨いてしまうことで歯にキズができてそこに汚れが詰まりやすくなります。

 

■口内が乾燥している
唾液の量が減り、歯をうまく清浄できなくなります。
さらに歯を守る力が低下して、着色しやすくなり、虫歯リスクも高まります。

 

逆に言えば、これらの反対のことをやっていけば歯の色素沈着を防ぐことは十分可能です!

 

・着色しやすい成分の飲食物をなるべく減らす
・酸性食品をなるべく減らす
・飲食したあとは水でゆすぐ、ガムを噛む、歯を磨く
・正しい歯磨き方法を学ぶ
・鼻呼吸を意識する

 

ただし、いま歯にできている色素沈着を上に書いた方法で治すことはできないです…

 

手っ取り早く治すには、歯医者でのクリーニングが一番です!

 

歯石除去を目的としたクリーニングなら治療の範囲になるため、保険が適用できます。

 

そうすると、1度の治療にかかる代金は相場で3,500円ほどになるので、そこまで高額ではないと思います。

 

歯や歯肉の検査(虫歯など)も含めてその金額なので、いまの自分の歯の状態を知れてちょうどよいかと思います。

 

また、歯科医で正しいブラッシングを教えてもらうのも良いかと思います。

 

ただし、こういった可能性も!

歯医者の治療は手っ取り早いんですが、リスクもあります。

 

・歯にキズができるリスク
・歯肉が下がるリスク
・一度じゃ終わらないリスク

 

そういったリスクを考えて、なるべく信頼できる歯科医を見つけることが大事です。

 

>>日本全国の歯医者さんを検索できる!&口コミなら【口コミ歯科・歯医者】へ

 

歯医者へ行かずに自力で歯の色素沈着を落とすなら…?

歯医者へ行けばすぐに色素沈着は取り除けると思います。

 

ただ…残念ながら汚れを取ってくれるだけで、色素沈着が付かないよう予防などはしてくれません

 

治療してもまた色素沈着してもとに戻ったら、そのたびに治療することになります。

 

それだと費用もバカになりません

 

つまり、結局は自力で色素沈着を防ぐための対策をしないといけないわけですね(^^;)

 

歯の色素沈着を除去+着色戻りを防ぐ

 

この二つを考えるのなら、ホワイトニング歯磨き粉(ジェルタイプも)があると便利です。

 

歯医者と比べると時間はかかりますが、続けるごとに色素沈着は取れていき、また歯が茶色くなることも無いです。

 

もちろん虫歯や歯周病対策もこなしてくれるし、なかなか便利ですよ(^^*)

 

はははのは

オーラパール

プレミアムブラントゥース

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨きジェル。
歯にダメージを与えずにやさしく着色汚れを分解して除去。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

歯と同じ成分『薬用ハイドロキシアパタイト』を配合した歯磨き粉。
殺菌・抗炎症・虫歯や歯周病・歯石予防などトータルケアできる。

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

オーガニック成分が豊富で口内環境を整える(口臭対策にも)ホワイトング歯磨きジェル。
メントールの爽やか系。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

トップへ戻る