前歯の着色(黄ばみ)はどうして!?その原因!

前歯の着色(黄ばみ)はどうして!?その原因!

 

前歯の着色はほんと目立ちますよね…

 

ちょっとしゃべったり、笑顔になればすぐに見えてしまいます。

 

歯の裏側とか奥歯なら汚れてもまだ見えないですが、これじゃ隠しようがないです!

 

さすがにずっと口を閉じて一切しゃべらないとかそういうわけにもいかないですし、いったいどうやって前歯の黄ばみ対策をしていけばいいんでしょうか?

 

そのためには、まず原因を知ってすぐに簡単にできる対策をしていくことが大切です!

 

原因@.口を開けて呼吸してしまっている

緊張やクセなどで意外と口呼吸になっている方は多いです。

 

口呼吸になると口内が乾燥してしまい唾液が足りなくなります。

 

唾液は、これらの大切な役割を持っています!

 

■歯の自浄作用(歯の汚れや菌を洗い流す)
■歯に唾液によるペリクル(薄い膜)を作って歯を守る
■脱灰(溶けた)歯の再石灰(修復)をする

 

この機能がすべてうまく働かなくなり、歯は無防備な状態になってしまうんです…

 

原因A.強く歯を磨いて傷つけてしまっている

意外なことに、歯磨き剤の選び方以上に大事なのは歯の磨き方なんです!

 

いくら研磨剤ナシの安全な歯磨き粉を使ったとしても、力強く豪快にガシガシと歯を磨いてしまうことで歯はどんどん傷ついてしまいます

 

その傷ついてできたすき間から汚れが入り込んで簡単に歯が黄ばんでいってしまうんです…

 

汚れを落とすために強く磨くんじゃなく、大切なのは歯の1本1本をていねいにやさしく磨いていくことです。

 

■スクラビング法
■バス法

 

という二つの磨き方が、歯の汚れだけじゃなく歯の健康を維持するためにもとても大切です。

 

 

原因B.着色しやすい飲み物と着色を手助けしてしまう飲み物

歯を黄ばませてしまう食べ物や飲み物があるっていうのは、なんとなく理解している方は多いかと思います。

 

でも…実はそれだけじゃなく、歯を黄ばませる手助けをしてしまう厄介な存在もあるんです!

 

それが、着色を補助する食品(飲料)です

 

たとえば、アルコール類、スポーツドリンク、クエン酸の豊富な飲み物(レモンやミカンなど)、梅干しやお酢などが当てはまりますね。

 

簡単に言えば、炭酸系飲料”酢の物”柑橘類”などです。

 

これらはすべて前歯の着色を加速させるので厄介です!

 

 

さらに厄介なのは、この3つがそれぞれに影響を与え合っていることです!

 

たとえば、口内が乾燥すると唾液による歯の自浄作用が無くなって歯を守れなくなります。

 

そこに、力強く前歯をガシガシと磨いてしまうと簡単に歯は傷ついてしまいます。

 

さらに、その傷ついた歯に着色汚れがより入りやすくなってしまいます!

 

■前歯が全体的に黄ばむ
■前歯の先端など一部に茶色の色素が沈着する
■前歯に茶色いスジができる

 

↑に書いた3つの原因を改善していくことが大切です。

 

口呼吸をしている ⇒ 鼻呼吸を意識する
歯磨きが強い、ゴシゴシ磨いている ⇒ 歯を1本1本細かくやさしく磨く(鉛筆持ちにする)
炭酸・酢の物・スポーツドリンクをよく飲む ⇒ 飲む量を抑える、できれば控える

 

これだけでもだいぶ歯の汚れの悪化は抑えられます。

 

ちなみに、いま歯にくっついている歯の汚れを速攻で落としたい場合は、歯医者へ行くのが一番です。

 

1〜2回の治療で前歯についた茶色の汚れは確実に落とせます。

 

ただし…

 

■治療中に歯にキズができる可能性がある
■1回の治療で3,000円(保険適用で)かかる
■予約して並ぶので時間がけっこうかかる
■歯の着色汚れ防止などの処理はしてくれない

 

というのが歯医者治療の特徴なので、下手な歯科衛生士に当たらないよう注意しましょう!

 

歯医者へ毎月通わずに自宅で前歯の着色を落としたい方!

はははのは

オーラパール

プレミアムブラントゥース

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨きジェル。
歯にダメージを与えずにやさしく着色汚れを分解して除去。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

歯と同じ成分『薬用ハイドロキシアパタイト』を配合した歯磨き粉。
殺菌・抗炎症・虫歯や歯周病・歯石予防などトータルケアできる。

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

オーガニック成分が豊富で口内環境を整える(口臭対策にも)ホワイトング歯磨きジェル。
メントールの爽やか系。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

トップへ戻る