歯の着色を落とす! 黄ばみを除去するために大切なこと

歯の着色を落とす! 黄ばみを除去するために大切なこと

歯の着色を落とす! 黄ばみを除去するために大切なこと

 

歯の着色で悩んでいる人ってけっこう多いんじゃないでしょうか…

 

「タバコのヤニ汚れがなかなか取れない…毎日歯磨きはしているはずなのに」
「最近急に歯に着色が付いてきたような…黄色っぽくてなんだか汚く見える…」

 

私もその悩みを抱えていたうちの一人ですが、ひとくちに着色と言っても、黄ばみ・黒ずみ・茶色など種類があると思います。
そして、中でも“黄ばみ”は多くの人が悩まされている症状かと思います!

 

一般的に、黄ばみの正体として考えられるのは次の3つです。

 

1.歯垢(しこう)や歯石
2.食べ物・飲み物に含まれる着色成分
3.タバコのヤニ

 

歯垢とは食べ物の食べカスや口の中の細菌が固まってできた垢(あか)のことです。
そして歯垢がさらに固くなったものが歯石です。

 

よく歯がザラザラになったりヌメヌメしたりすると思いますが、あれをイメージしてもらうとわかりやすいんじゃないでしょうか。

 

さらにコーヒーや紅茶、ブルーベリーなどのベリー系の食べ物、カレーといった飲食物も黄ばみを引きおこす正体です。
喫煙者の場合は、タバコの成分であるヤニによって歯が黄ばむことがあります!

 

着色を除去するために大切なこと

多くの人を悩ます黄ばみを除去するために大切なことですが、もっとも効果的なのは毎日のブラッシングを正しく丁寧に行うことです!

 

歯に黄ばみが付くのを防がない限り、いくら黄ばみを落としてもまた黄色い歯に逆戻りです!

 

最近では研磨剤や着色汚れを浮かせる美白成分が含まれた歯磨き粉が多く市販されているので使ってみることをオススメします。

 

研磨剤ナシのホワイトニング歯磨き剤もあるので、そういうのが良いんじゃないでしょうか。

 

ただし、強く磨き過ぎると歯の表面を傷つけて色素が沈着しやすい歯になってしまうので、歯磨きをするときは歯の表面を軽くこする程度で問題ありません。

 

強く磨く癖がついてしまっている人は、柔らかめの歯ブラシを使うことをおススメします。

 

自分で除去できない場合はどうすればいいの?

ブラッシングを丁寧にしても着色が落とせない場合は、単なる食べカスや飲食物による着色ではなく、歯垢が歯石に変化している可能性があります。

 

表面に固まっている歯石は歯ブラシでは落とすことができないので、歯科医院で行われるPMTCと呼ばれるクリーニングで除去してもらいましょう。

 

さらに、歯科医院でできるホワイトニングも人気です。歯の表面に専用の薬剤を塗って汚れを浮き上がらせ、着色を除去し、歯を白くする効果が期待できます!

 

また最近ではネットなどから、自宅でできるホワイトニング商品を手に入れることも容易になりました。しかし、これらは使い方を誤ると歯や歯茎にダメージを与えてしまうリスクもあるので、使用前は歯科医院に事前に相談したおきましょう!

 

歯の着色(黄ばみ)を落とすホワイトニング歯磨き剤一覧

>>無添加の歯磨き剤『はははのは』の体験口コミ!
>>研磨剤ナシの『プレミアムブラントゥース』の体験口コミ!
>>歯の修復(再石灰)ができる『オーラパール』の体験口コミ!

トップへ戻る