歯の着色汚れの種類・原因について!共通する黄ばみ対策!

歯の着色汚れの種類・原因について!共通する黄ばみ対策!

 

歯の汚れ方には、いくつか種類があります。
そしてもちろん、歯が汚れてしまう原因も異なります。

 

「丁寧に歯磨きをしているのになかなかキレイにならない」
「汚れているというよりも内側から黒ずんで見える」
「歯医者でクリーニングしたのに歯の黄ばみがそのまま…」

 

このような経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

事前に汚れの種類を知っていれば、こうした時にも慌てることなく適切なデンタルケアができるはずです。

 

今の段階では歯の汚れが気になっていない人も、予備知識としてぜひ参考にしてください。

 

歯の汚れの種類と原因

1.歯垢・歯石

プラークと呼ばれる歯垢が歯の表面にこびりつくと、歯が黄ばんで見えることがあります。

 

また歯垢をそのまま放置すると歯石に変化し、自分でのブラッシングでは取り除くことができなくなるため、歯科医院でクリーニングをしてもらう必要があります。

 

歯垢・歯石は歯の健康を蝕む細菌の温床です。虫歯や歯周病の原因にもなるため、毎日の丁寧なケアでその温床をつくらせないことが大切になります。

 

2.着色による汚れ

カレーやコーヒー、ワイン、ケチャップといった私たちが普段何気なく食べたり飲んだりしている物が原因で、歯が汚れることがあります。

 

歯に色がついたように見えることから「着色汚れ」と呼ばれますが、長く放置しなければ汚れは一時的な場合が多いです。

 

『食べた後にすぐ歯磨きをする』
『ワインやコーヒーを飲むときは一緒に水も飲む』

 

といった対策が有効です。

 

3.タバコのヤニ

タバコに含まれるタールは唾液と結びつきやすい性質があります。

 

しかも粘着性のあるネバネバに変化するため、歯に汚れが留まりやすいのです。

 

さらに歯だけでなく、歯ぐきを通る血液にも有害物質による悪影響を及ぼすため、歯ぐきまで黒ずんでしまうという危険性もあります。

 

喫煙者の方は、日々のブラッシングに加えて、歯科医院でクリーニングの治療やアドバイスを受けることをおススメします。

 

これら3つの黄ばみ対策として共通するのは、正しい歯磨きとデンタルケア用品の活用です!

 

歯の磨き方や仕方や回数、タイミングで大きく結果が違ってきますので、まずは正しい歯磨きの仕方を身に着けましょう!

 

歯医者で聞くのが一番手っ取り早いですが、くわしく解説している動画もあるので、参考にしてみてください。

 

 

また、歯磨き以外にも便利なアイテムはたくさんあります。

 

・デンタルフロス
・マウスウォッシュ
・ワンタフトブラシ
・フッ素やハイドロキシアパタイト含有の歯磨き剤

 

ドラッグストアなどで市販されているので活用することをオススメします。

 

いかがでしたか?
正しい知識を身に付けて、歯の汚れを防ぎ、ストレスフリーな生活を目指しましょう。

 

虫歯・歯周病予防&ホワイトニング効果も期待できる歯磨き粉/ジェル一覧

はははのは

オーラパール

プレミアムブラントゥース

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨きジェル。
歯にダメージを与えずにやさしく着色汚れを分解して除去。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

歯と同じ成分『薬用ハイドロキシアパタイト』を配合した歯磨き粉。
殺菌・抗炎症・虫歯や歯周病・歯石予防などトータルケアできる。

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

オーガニック成分が豊富で口内環境を整える(口臭対策にも)ホワイトング歯磨きジェル。
メントールの爽やか系。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

トップへ戻る