歯が黄ばみやすい人の特徴 | 4つの生活習慣で差ができます

歯が黄ばみやすい人の特徴 | 4つの生活習慣で差ができます

 

実は歯は24時間常に黄ばみリスクにさらされています!

 

遺伝性や体質なども歯の黄ばみ具合に影響は出るかもしれませんが、それと同じくらい影響を与えるのは以下の4つの習慣です。

 

歯が黄色くなりやすい人にありがちな4つの生活習慣

@ブラッシングを疎かにしている

丁寧なブラッシングは、歯が黄色くなる症状を予防するために重要となる最大の対策です。

 

少なくとも、朝・晩2回のブラッシングは欠かさずするようにしましょう。稀に、洗口液(デンタルリンス)だけで済ませる人がいますが、それだけでは食べカスや菌は除去できないので、しっかりと歯ブラシを使いましょう。

 

A着色しやすい食べ物・飲み物が好き

コーヒー、紅茶、ワイン、カレー、スパゲッティ、焼きそば、ベリー系の果物。

 

ここに挙げた飲食物は、ポリフェノール、タンニン、調味料、といった歯が黄色くなりやすくなる成分が含まれているものばかりです。

 

毎日食べる(飲む)習慣がある人は、食後すぐのブラッシングやゆすぐといった対策を心がけましょう。

 

Bヘビースモーカーである

タバコのヤニによって歯が黄色くなっている人も少なくありません。

 

タバコに含まれるタールは歯の表面を覆うペクリルという膜と結びつきやすい性質があり、それが歯の表面が黄色く見えてしまう原因です。

 

対策としては、すぐに禁煙することがベストですが、「タバコの量を減らす」、「喫煙後数時間以内にブラッシングをする」、「歯科医院で定期的にクリーニングをする」といった方法も効果的です。

 

C毎日のようにお酒を飲んでいる

アルコールには体の水分を奪う脱水の作用があります。口内の水分が減ると唾液がネバネバになり、食べカスや菌を体内に流す作用が低下します。

 

結果的に食べカスや菌が溜まりやすくなり、歯に付着し、黄色い歯になってしまいます。

 

生活習慣の1つとして「飲酒」が当然のようになっている人は、飲み方や飲む量を工夫してみましょう。

 

歯が黄色くなる以外のデメリット

歯の色が悪くなったり、歯の健康が損なわれることによるデメリットは、「見た目が悪い」ということだけではありません。

 

たとえば、次のようなデメリットを引き起こします。

 

歯にプラーク(歯垢)が溜まりやすくなり虫歯になる
歯ぐきに菌が溜まったり栄養が行き渡らなくなったりすることで歯周病になる
口内の不快感により、ストレス、睡眠不足、体調不良といった症状を招きやすくなる

 

このように、歯が黄色くなりやすい人=口内の病気やストレス増加を招きやすい人、とも言えるということを覚えておきましょう。

 

黄ばみリスクを大幅に減らすホワイトニング歯磨き剤ランキング

はははのは

オーラパール

プレミアムブラントゥース

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨きジェル。
歯にダメージを与えずにやさしく着色汚れを分解して除去。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

歯と同じ成分『薬用ハイドロキシアパタイト』を配合した歯磨き粉。
殺菌・抗炎症・虫歯や歯周病・歯石予防などトータルケアできる。

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

オーガニック成分が豊富で口内環境を整える(口臭対策にも)ホワイトング歯磨きジェル。
メントールの爽やか系。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

トップへ戻る