歯に着色しやすい食べ物・しにくい食べ物があります

歯が着色しやすい食べ物・しにくい食べ物があります

 

着色しやすい飲食物と着色を防ぐ飲食物

歯の着色について興味がある人は、「着色しやすい食べ物や飲み物」についてはある程度の知識を持っている人も多いかと思います。

 

しかし実は、「歯の着色汚れを防ぐ効果がある食べ物や飲み物」もあることをご存知でしょうか。

 

着色に関する正しい知識を身に付けて歯の見た目をキレイに保つことは、自分の笑顔や表情に自信をつけるための第一歩でもあります。

 

ここでは、着色しやすい飲食物&落とす飲食物をいくつか紹介します。

 

着色しやすい飲食物

歯の着色といえば黄ばみですが、その黄ばみの元となるのがステインです。

 

ステインとは色の沈着のことで、発生する原因となる飲食物はいくつかあります。

 

たとえば次のような飲食物は、私たちの身近にありながら歯の着色を生みやすいものです。

 

・コーヒー
・赤ワイン
・コーラ
・ブルーベリー(ベリー系)
・醤油
・ソース
・ケチャップ
・カレー

 

これらにはポリフェノールであるタンニンや合成着色料といった着色の元になるものが含まれています。

 

同時に、歯を構成するカルシウムやタンパク質といった成分と結びつきやすい性質も持っています。

 

 

着色を防ぐ効果の高い飲食物

野菜や果物に含まれるリンゴ酸や食物繊維は、着色汚れを防止する効果があると言われています。

 

具体的には次のような食べ物がおススメです。

 

・りんご
・いちご
・梅
・トマト
・ひじき
・大根
・ゴボウ
・キウイ

 

どれか1つだけをたくさん摂るのではなく、バランスよく摂ることが大切です。

 

着色を“手助けしてしまう”食べ物も要チェック!

着色しやすい食べ物とともに注意しなければならないのが、着色を補助する働きのある食べ物です。

 

たとえばバナナやホウレンソウといった食べ物は、それ自体に着色の性質はありませんが、先ほど紹介したようないくつかの着色しやすい飲食物と一緒に食べることで、その着色効果を増大させてしまうことになります。

 

炭酸飲料やアルコール飲料にも同じような補助効果があるため、一緒に摂ることは避けた方がいいでしょう。

 

>>歯を黄色くする食べ物・飲み物について掘り下げて説明します!
>>歯が黄ばみやすい人の特徴 | 4つの生活習慣で差ができます
>>黄色い歯(歯の黄ばみ)が相手に与える印象は…

トップへ戻る