歯の着色(黄ばみ)を落として白くできる歯磨き剤の特徴!

歯の着色(黄ばみ)を落として白くできる歯磨き剤の特徴!

 

自分で歯を白くしたい人が知っておくべき基礎知識

「手軽に歯を白くしたい!」という願いは多くの女性が持っていると思います。

 

中には、「歯科医院で行うのと同じようなホワイトニングの薬を自宅でも使いたい!」と考えている人もいるようです。

 

そんな人に知って欲しいのですが…

 

実は、日本では歯科医院で使用するホワイトニング剤が含まれたホワイトニング剤の市販は禁止されています。

 

代表的な成分である過酸化水素は、薬事法で「毒物・劇物」として指定されていて、慎重な取り扱いが必要です。

 

その為、過酸化水素入りの歯磨き剤などが市販されることはまずありません。

 

では、ホワイトニング剤が含まれた歯磨き粉が簡単に手に入らないとなると、私たちはどのようなポイントに注目して選ぶべきなのでしょうか。

 

歯を白くする効果がある歯磨き粉の種類と特徴3つ!

1.研磨剤が含まれているもの

歯磨き粉に含まれる研磨剤とは、歯の表面を削って汚れを落とすために配合されている粒子状の薬剤のことです。

 

頑固な着色や歯垢(プラーク)を落とすのに効果的で、歯を白くする歯磨き粉の条件として、欠かせないものです。

 

ただし、研磨剤(粒)が大きすぎるものを使用したり、力を入れて磨き過ぎたりすると、歯を傷つけてしまう恐れがあるので、優しくゆっくりと磨くことがコツです。

 

基本的に、市販されている歯磨き粉のほとんどには研磨剤が含まれています。

 

2.過酸化尿素

名前がホワイトニング剤の『過酸化水素』と似ていますが、それよりもちょっと弱いバージョンだと考えてもらえればと思います。

 

薬剤のパワーが弱い為、オフィスホワイトニング(美容歯科でのホワイトニング)と違って、ホームホワイトニング(自宅でのホワイトニング)として使える成分です!

 

ただ、注意してほしいのが、過酸化尿素は市販されていません

 

薬剤のパワーが弱くても劇物に変わりない為、日本では美容歯科など専門機関でない限り取り扱いはできないんです…

 

その為、通販(海外からの輸入)から手に入れるしかありません。

 

また、この過酸化水素はいわゆる『漂白剤』に近いものなので、下手をすると歯がまだらに白くなって余計に汚れが目立つ…なんてこともあり得るため注意してください。

 

3.ステインを除去する成分が含まれているもの

ステインとは、飲食物や喫煙による着色汚れのことです。

 

市販されている歯磨き粉の中には、酵素やイオンの力で汚れを浮かしたり分解したりするものがあります。

 

もちろん薬事法にも触れない、体に安全な成分が使われているので、安心して使うことができます。

 

研磨(削って)落とすものではなく、汚れを浮かして落とすもの、修復・再石灰を促すものなどがあります。

 

代表的な成分といえば以下ですね。

 

・ポリリン酸ナトリウム
・ピロリン酸ナトリウム
・ポリアスパラギン酸
・薬用ハイドロキシアパタイト
・マクロゴール400

 

あくまで歯に付いた着色汚れ(黄ばみ)を落とす・除去する効果なので歯の内側まで白くはできませんが、安全性と歯を白くする効果としてはうまく両立させているジャンルです。

 

以上、歯を白くする歯磨き粉の特徴を3つ紹介しました。

 

市販されている歯磨き粉の中には、薬の濃度や影響が強いために、週1回程度の使用が推奨されているような商品もあります。

 

しっかりと調べた上で購入・使用するようにしましょう。

 

>>茶渋を落とす方法!オススメのホワイトニング歯磨き剤について

トップへ戻る