歯の黄ばみを落とす為の考え方!《3つの心得》

歯の黄ばみを落とす為の考え方!《3つの心得》

 

歯の黄ばみを落とす為に!大切な3つの意識(心得)

現在、ネット上では歯の黄ばみを解決するための情報サイトやブログなどがたくさん紹介されています。

 

欧米に比べて歯の健康や美容への関心が低いと言われる日本でも関心が高まっているようですが、それは裏を返せば「歯の黄ばみに悩んでいる人が増えている」ということです。

 

そういった黄ばみ対策の基本といえば、黄ばみが発生する前に毎日の歯のケアで「予防」すること!

 

それはもちろんですが、それ以外にも大事なのは、あなたの『歯』に対する意識・心構えです!

 

ここでは、「黄ばみを落とそう!(落としたい!)」と考えている人に向けて、“歯の黄ばみを落とす(取る)ために大切な考え方、心得”について触れていきます。

 

歯の黄ばみを落とす(取る)ために大切な考え方 3ステップ

1.放置するデメリットに気づく、意識する

黄ばみを落とす(取る)ケアが中途半端に終わらないために、まずは黄ばみを放置するデメリットを頭に入れておくことが大切です。

 

歯垢(プラーク)や歯石が溜まり虫歯・歯周病になりやすくなる
初対面の人への第一印象が悪くなる
自分の笑顔に自信がなくなりストレスが溜まる

 

このようなデメリットが潜んでいることを知っておきましょう。

 

2.無理やりな方法で落とそうとしない

落とす(取る)際の注意点としては、「無理に落とそうとしない」ことです。

 

たとえば、ゴシゴシと強い力を入れてブラッシングをしたり、研磨剤が含まれた歯磨き粉を1日に何度も使用したり、市販のホワイトニンググッズを正しい使用法を守らず乱用したり…といったことです。

 

このように無理に落とそうとする行為は、歯の表面を傷つけてしまい、反対に黄ばみが発生しやすい歯を作ってしまうため本末転倒です。

 

3.できるだけ専門家(歯医者など)にアドバイスをもらう

歯や歯の周りの神経・血液はとてもデリケートです。

 

黄ばみを落とす(取る)前や落とした後などは、歯の状態を歯医者などの専門家にできるだけチェックしてもらうことをおススメします。

 

しっかり黄ばみが取れているかだけでなく、より効率的で安全性の高い方法やキレイな歯を長持ちさせる秘訣などに関するアドバイスをもらうことができるはずです。

 

 

意識や考え方を変えれば、それは行動につながって、そして結果につながります!

 

早く白い歯を手に入れるためにも、方法や道具以前にまずは意識の仕方を変えてみることをおすすめしますよ。

 

 

>>歯の着色汚れには個人差あり?人によって原因が違います

トップへ戻る