歯を黄色くする食べ物・飲み物について掘り下げます!

歯を黄色くする食べ物・飲み物について掘り下げます!

 

以前、歯に黄ばみが付きやすい・つきにくい(防ぐ)食べ物について簡単に触れましたが、今回はもうすこし掘り下げた内容についてご説明します!

 

歯を黄色くする食べ物、飲み物の判断基準とは…?

 

「なんだか最近、歯が黄色くなってきた気がする…」
「歯を白くしなくちゃ!」

 

歯の黄ばみが気になってくると、どうしたら白くできるか考えますよね。
もちろんそれも大切なことですが、黄ばまないようにするのも大切です!

 

歯が黄ばむ理由はいろいろ考えられますが、普段の食事でも黄ばみの原因になりえます。
せっかく白い歯を目指すのなら、歯を黄色くしない食べ物も頭に入れておきましょう!

 

歯を黄色くする食べ物・飲み物

歯を黄色くする飲み物といえば、「コーヒー」ですよね!
コーヒーには、タンニン、カフェイン、褐色色素が含まれていてそれらが歯を黄ばませます。

 

「なら、コーヒーを控えれば!」と思いますが、残念ながらコーヒーの他にも歯を黄ばませる食べ物・飲み物はたくさんあります…。

 

カレーライス

カレーをうっかり洋服にこぼしちゃった時、洗ってもなかなか取れないですよね。
それは歯にも言えることで、落ちにくい食べ物のひとつなんです。

 

大豆食品(醤油・納豆・豆腐)

和食に欠かせない大豆食品。毎日食べてる人が多いかもしれませんが、大豆に含まれるイソフラボンは、色素沈着しやすい成分なんです。
あの白い豆腐も黄ばみの原因になるなんて驚きですよね!

 

緑黄色野菜・野菜ジュース

健康のために取り入れたい食べ物である緑黄色野菜ですが、名前の通り、色が濃いんです。
さらに多く含まれるポリフェノールも歯の黄ばみの原因に!
手軽に飲める野菜ジュースは、野菜の成分の他に砂糖もたくさん含まれているので注意が必要です。

 

赤ワイン・白ワイン

赤ワインは、色からして黄色くなりそうですよね。
見た目の色が濃いものは歯が黄色くなりやすいことを覚えておいた方が良いかもしれません!
逆に色のない白ワインは大丈夫なんて思うかもしれませんが、酸性が強く、着色しやすいんです。

 

ナッツ(アーモンド、くるみなど)

お酒を飲んだらつまみたいのがナッツ類。おいしいんですが、染料として使われることもあったそうですよ!

 

ケチャップ

ケチャップの赤色は、料理にいれた瞬間から一気にひろがりますよね。
これは歯にも言えることなんです…。

 

ソース

ソースは、保存料が含まれていて、エナメル質を傷つけます。
そして歯を黄色くしてしまうのです。

 

色の濃い食べ物・飲み物は注意して!

歯を黄ばませる食べ物・飲み物はこんなにあるんですね。

 

「こんなにあったら覚えられない!」という方もいるかもしれません。

 

そんな方は、簡単に覚える為に色の濃い食べ物・飲み物から注意していくようにしましょう!
もちろん、食べることは問題なく、食べた後に歯磨きをしたり、うがいをしたり対策をとることが大切になります。

 

>>歯が黄ばみやすい人の特徴 | 4つの生活習慣で差ができます
>>黄色い歯(歯の黄ばみ)が相手に与える印象は…

トップへ戻る