そもそも茶渋ってなに?どうして歯につくの?いくつかの落とし方

そもそも茶渋ってなに?どうして歯につくの?いくつかの落とし方

 

そもそも茶渋って何? なぜ歯につくの?

お茶や紅茶を飲んだ後、茶渋が歯にくっついて黄色っぽくなった経験はありませんか?

 

仕事での大事なプレゼンや好きな人とのデートがあるときなどは、見た目が気になって困りますよね。
そもそも茶渋とは、「お茶の垢(あか)」のことです。

 

つまり歯に茶渋がついている状態は、歯に垢がついている状態ということになります。
そう考えると誰しもいい気分にはなれないと思います。

 

茶渋の成分はタンニンやイオンといったものですが、これらは非常に水に溶けにくい性質を持っています。

 

そのため、一度歯にくっつくと唾液や飲料水などでは簡単に取り除きにくいという特徴を持っているのです。

 

では次に、茶渋の落とし方として自分でできる方法と歯科医院でできる方法を紹介します。

 

茶渋の効果的な落とし方

 

自宅でできる落とし方
研磨剤やステイン除去成分が含まれた歯磨き粉を使う

市販されている歯磨き粉の中には、歯垢(プラーク)を落としたりステインと呼ばれる着色汚れを落とすことに特化したものがいくつかあります。

 

たとえば、歯の表面をツルツルにするための研磨剤が含まれているもの、ステインを浮かして除去するものなどが代表的です。

 

ホワイトニンググッズを使う

近年は、自分でできるホワイトニンググッズもたくさん市販されるようになりました。

 

歯を白くする=茶渋を落とす、ことなので悩んでいる人は積極的に活用してみましょう。

 

歯磨きタイプ、ジェルタイプ、液体タイプ、テープタイプなど様々な種類があるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

歯科医院でできる落とし方
クリーニング(PMTC)をしてもらう

専用の器具と薬剤を使用して、歯についた歯垢や歯石といった細菌・汚れの温床を除去してくれます。
もちろん、歯にこびりついたしつこい茶渋の汚れも落とすことが可能です。

 

費用は、美容目的の場合(保険適用外の場合)だと5,000〜20,000円で取り扱っている歯科医院が多いようです。

 

また歯科医院でホワイトニングをしてもらうのも茶渋の落とし方として効果的です。

 

歯科医院でのホワイトニングはオフィスホワイトニングと呼ばれますが、自分で行うよりも茶渋を確実に落とせる確率が高いので、おススメです。

 

>>塩で歯を磨くと白くなる?その真実と具体的な対策方法

トップへ戻る