歯の着色汚れがヤバイ!落とし方のいくつかの方法について

歯の着色汚れがヤバイ!落とし方のいくつかの方法について

 

予防のためには毎日の丁寧なブラッシングが命!

歯の着色は誰しも、できれば事前に予防したいと思うはずです。

 

予防のためには毎日最低でも、朝1回・夜1回4〜5分ずつ、正しいブラッシングをすることが重要です。

 

正しいブラッシングについて

 

ただし、仕事や家事・勉強などが忙しくつい手を抜いてしまったり、面倒だからと洗口液やうがいだけで済ませてしまったりという人は少なくありません。

 

こうした“スキ”を見せてしまうと、着色汚れがいつのまにか歯にこびりついてしまうことになります。

 

ここでは着色がついてしまった人のために、ブラッシング以外の効果的な落とし方を3つご紹介します。

 

ブラッシング以外の効果的な落とし方 3つ

1.歯をキレイにする専用グッズを使う

最近は日本でも歯の健康や美容に対する意識が高まっているため、着色汚れを落とせるグッズが比較的簡単に購入することができます。
例えば、次のような商品があります。

 

歯をパックするシート型のグッズ
ホームホワイトニングの専用グッズ
研磨剤やシリコンのゴムが含まれる歯の消しゴム

 

ただし、使い方を誤ると歯の表面を傷つけるなどして、反対に着色しやすい歯をつくってしまうので、できれば使用前に歯科医院などに相談することをおススメします。

 

2.電動歯ブラシを使う

ひとくちに電動歯ブラシと言っても、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシ、高速運動電動歯ブラシなど種類がいくつかあります。

 

1分間に約3〜5万回ほど振動する音波歯ブラシか100〜150万回振動する超音波歯ブラシが人気のようです。
最大限自分にベストな商品を選びたいのであれば、いくつか試してみて効果を比較してみるといいでしょう。

 

3.歯科医院でクリーニングをする

歯科医院では歯の着色汚れを落とす専用の治療を受けることができます。

 

さらに、クリーニング後の歯のトリートメントを行っている医院もあるため、一時的なクリーニング効果とともに予防の効果も得ることができます。

 

これら3つの着色の落とし方を頭に入れておけば、実際に着色汚れが生じたときにも素早く対処することができるはずです。

 

>>黄色い歯が白くならない3つの原因!

トップへ戻る