歯の着色汚れや茶渋の正体(原因)とそのメカニズムについて!

歯の着色汚れや茶渋の正体(原因)とそのメカニズムについて!

 

歯の茶色の正体とは?

歯にくっついたガンコな茶色の汚れ…この正体は一体なんなのでしょうか?
実は、その正体はさまざまあります。

 

1.着色しやすい飲食物によるもの
2.食べカスや細菌が歯垢に変化したもの
3.虫歯もしくは歯の神経や血液に異常がある場合

 

1.着色しやすい飲食物によるもの

1の場合、飲食後すぐに歯磨きをすることで防ぐことは可能です。

 

落とす場合は

 

・歯医者でのクリーニング
・自宅でのホワイトニング効果のある歯磨き剤

 

などで対策できます。
ですが、歯ブラシで丁寧に磨いても取れない茶色の正体は、2,3のどちらかである可能性があります。

 

2.食べカスや細菌が歯垢に変化したもの

ここまで説明した食べカスや細菌が歯に張り付いたものは歯垢(プラーク)と呼ばれます。
歯垢を放置すると歯石に変化し、通常のブラッシングでは除去ができなくなります。

 

品質の高い歯磨き粉や電動歯ブラシなどを活用しても茶色の汚れが取れない場合は、歯石になっている可能性が高いです。

 

歯石は歯科医院での歯のクリーニング(PMTC)で除去することが可能です。

 

3.虫歯もしくは薬物による歯の変色など

・虫歯が進行してしまっている(虫歯のC0〜C4)
・幼少期に風邪薬として飲んだテトラサイクリン系物質(甘いシロップ)
・加齢による歯の変色

 

などが原因で歯が黄ばんでいる場合、歯医者での本格的な治療や歯の内部から白くするオフィスホワイトニングをする必要が出てきます。

 

・電動歯ブラシでのブラッシング
・ホワイトニング効果の高い歯磨き剤(粉やジェル含め)
・飲食物の改善など

 

自分なりに工夫しても歯の茶色が取れない場合は積極的に歯科医院を利用することが、早期で歯を白くするための重要なポイントです。

 

ただし、一時的に歯をキレイにしても、その後の日々の歯磨きによってまた黄ばみや歯垢、歯石になる可能性が高いです。

 

そうならないためにも正しい歯磨きの方法とホワイトニング&虫歯対策になる歯磨き剤選びにも注意したほうが良いです。

 

正しいブラッシングについて

 

歯の治療やホワイトニング

>>日本全国の歯医者さんを検索できる!&口コミなら【口コミ歯科・歯医者】へ

 

※地域によって治療できる範囲が違うので事前に電話で確認をしましょう!

 

ホワイトニング&虫歯対策にもなる歯磨き剤一覧

はははのは

オーラパール

プレミアムブラントゥース

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨きジェル。
歯にダメージを与えずにやさしく着色汚れを分解して除去。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

歯と同じ成分『薬用ハイドロキシアパタイト』を配合した歯磨き粉。
殺菌・抗炎症・虫歯や歯周病・歯石予防などトータルケアできる。

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

オーガニック成分が豊富で口内環境を整える(口臭対策にも)ホワイトング歯磨きジェル。
メントールの爽やか系。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

トップへ戻る