歯の着色除去&予防力UP!?ホワイトニング歯磨き粉の注意点!

歯の着色除去&予防力UP!?ホワイトニング歯磨き粉の注意点!

 

「歯をピカピカに白くしたい!」

 

と思ったとき、まず最初に思いつくのはホワイトニング歯磨き粉やジェルを使う方法ではないでしょうか?

 

もちろん、歯医者・審美歯科でのオフィスホワイトニングも考える方もいると思いますが、金額面が高いからなかなか手が出ないですよね…

 

もしもホワイトニング歯磨き粉などで済むのならそのほうが安上がりで良いと思います。

 

そんなホワイトニング歯磨き粉(ジェルなど)もさまざまな種類の商品が売られていますが、使うときに注意するポイントがあります。

 

それを知らないと逆効果になる可能性もありますので、しっかりと頭にいれておきましょう!

 

詳しく説明していきます!

 

ホワイトニング歯磨き粉・ジェルの効果

まずは、ホワイトニング歯磨き粉・ジェルとはどういったものか知っていきましょう。

 

一般的に思うホワイトニングは、歯科やクリニックで行うものですよね。
このホワイトニングは、過酸化水素を使って、歯のエナメル質を漂白して、歯を白くすることを言います。

 

ということは、「ホワイトニング歯磨き粉やジェルを使えば、家で歯を白くできるの!?」と思う人も多いでしょう。

 

しかし、歯科で行われるホワイトニングのようにはなりません。
使われている薬剤が違いますし、しっかりと歯の知識を持った歯医者さんが行いますから結果は違ってきますよね。

 

そうなると、歯磨き粉やジェルでは効果がないのか、ということになりますが、そんなこともありません。

 

市販のホワイトニング歯磨き粉やジェルは、一般的な歯磨き粉にはほとんど含まれていない清掃剤や研磨剤が配合されています。
それらの成分が歯の汚れを落としてくれることで、歯が白くなったと感じることができるのです。

 

歯科でのように即日効果は得られませんが、まずはホワイトニング歯磨き粉を使ってみる人が多いですよ!

 

ホワイト二ング歯磨き粉・ジェルを使う時の注意点

お手軽にできるホワイトニング歯磨き粉・ジェルですが、注意しなければならない点があります。
気をつけないと逆に黄ばませてしまう可能性もあるので、しっかりと把握しておきましょう。

 

まずは、強くゴシゴシと歯を磨かないことです。

 

研磨剤が含まれているので、強く磨くことで歯の表面に傷をつけてしまう可能性があります。

 

傷がつくとそこに着色汚れが入り、黄ばみになってしまいますよ!
優しく丁寧に磨きましょう。

 

次に、ホワイトニング歯磨きをしたあとの注意点です。
ホワイトニングした後は、着色しやすい状態になります。

 

歯の表面のペリクル(歯の表面をコーティングして守る唾液の力)が一度剥がれてまた再生するんですが、それに数時間かかるうえに、そのペリクル自体が着色(黄ばみ)を引き寄せる性質を持っているからです!

 

ということは、その間は飲食を避ける方が良いということになります。
飲食をすることで、せっかくキレイにした歯が着色してしまいます。

 

数時間ほどは時間をおきましょう。

 

最後に、説明書は事前にしっかり読んでおきましょう。
商品によっては使う頻度が違う可能性もあります。

 

間違った方法で歯磨きをすると、知覚過敏などになることあるので気をつけましょう!

 

また、ホワイトニング歯磨き粉の基本は研磨剤で削り取るものですが、最近だと

 

・研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き剤
・歯の再石灰(修復)を促す効果の高いもの

 

などあるので、そちらのほうがより安心して歯を磨けるかと思います。

 

はははのは

オーラパール

プレミアムブラントゥース

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨きジェル。
歯にダメージを与えずにやさしく着色汚れを分解して除去。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

歯と同じ成分『薬用ハイドロキシアパタイト』を配合した歯磨き粉。
殺菌・抗炎症・虫歯や歯周病・歯石予防などトータルケアできる。

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

オーガニック成分が豊富で口内環境を整える(口臭対策にも)ホワイトング歯磨きジェル。
メントールの爽やか系。

 

 

>>口コミ体験談はこちら!

 

トップへ戻る