歯の着色(黄ばみ)について「あるある」な事!

歯の着色(黄ばみ)について「あるある」な事!

 

歯の黄ばみについて「あるある」なこと

みなさん、歯の黄ばみを意識したことはありますか?

 

歯の黄ばみの原因は、私たちの生活習慣に潜んでいます。
知らない間に黄ばんでいるということですね…。

 

そんな歯の黄ばみの「あるある」なことをまとめてみました!

 

印象を悪くする

歯の黄ばみは、その人の印象を悪くします。
黄ばみの原因は、歯磨きをしていないから、というだけではありません。

 

しかし、黄ばんでいることで、なんだか不潔でだらしなく見えるんですよね。
人は、清潔な人を好みますから、これは重大ですよ!!

 

人と接する時のデメリットになってしまいます。

 

その人が格好良かったり、可愛かったりしても、歯が黄ばんでいるだけでも随分印象は変わります。
もしかしたら出会いを狭めているかもしれません。

 

プライベートだけでなく、仕事も同様なことが言えます。
服装は清潔でも、歯が黄色いだけでせっかくのコーディネートも台無しです。

 

だらしない人には、仕事を任せたくないですよね。

 

印象を悪くしないためにも、歯の白さは大切なのです。

 

不健康・老けてみられる

印象が悪いことを言いましたが、不健康に見えたり、老けてみられたりもします。
歯が黄ばんでいると、肌の色も悪く見えてしまうんですよね。

 

元気で化粧もバッチリなのに「体調悪いの?」と聞かれたら歯の黄ばみも意識してみましょう。

 

「ファンデーションを変えても、髪色を変えてもなんだか体調が悪いと言われる。」

 

そういった人は歯の黄ばみが原因かもしれません。

 

歯は、年齢とともに黄色くなってきます。
ということは、歯が黄ばんでいると老けてみえてしまうのです。

 

日々の生活習慣で、実年齢の黄ばみ以上に黄ばんでいる人は注意が必要です。

 

不健康で老けてみえるなんて、最悪ですよね!
特に女性で気になる人が増えてきています。

 

歯の黄ばみが気になって笑えない

 

「歯の黄ばみが気になる、みんなどう思ってるんだろう…?」

 

そう思うと、周りに歯を見せたくなくなりますよね。
確かに、歯が汚い人が笑うことで歯が見えると、不快に思うことがあります。

 

なので、一度気になりだすと上手く笑えなくなってしまうのです。
笑顔は、人にとって良いものなのに、気にして笑えなくなるなんて嫌ですよね!

 

周りの人も「どうしたんだろう」、「笑わない人なのかな?」と不思議に思うかもしれません。
笑顔でいる方が、可愛く見えたり、爽やかに見えたりするのでこれも印象が悪くなってしまいますよね。

 

歯を白くして楽しく過ごそう

上で紹介してきたように、歯の黄ばみは自分に、周りに影響が出てきます。
歯が黄ばんでいるだけで、こんなにも印象が違うなんて驚きですよね。

 

それによって、最近ではホワイトニングをする人が増えています。
歯科やクリニックで行うホワイトニング、自宅でホワイトニング歯磨き粉やジェル使うなど方法はさまざまです。

 

自分に合った方法で、歯を白くしていきましょう。
白くなることで、自分に自信を持って楽しく過ごすことができますよ!

 

>>歯の着色(黄ばみ)の原因と除去して歯を輝かせる3つのポイント!

トップへ戻る